バメンダ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

バメンダ (Bamenda) は、カメルーン西部の都市北西州の州都である。 2012年の人口は34万8766人。 首都ヤウンデから北西に336km離れた、バンブドス山地の山中、標高1615mの高原にある。 ヤウンデ及びドゥアラには道路が通じている。

歴史[編集]

19世紀ドイツ領カメルーンに併合された。

第一次世界大戦後はイギリス領カメルーンに編入された。

1949年に英領カメルーンが南北に分割されると南カメルーンに属した。

1961年にはカメルーンに編入された。 その後、旧英領カメルーンにおいて分離運動が盛んになると、バメンダは分離派の最大の拠点となった。

1985年にアンバゾニア共和国(南カメルーン連邦共和国)が宣言されると、バメンダは首都に指定されたが、実際には現在もカメルーンの支配下にある。

脚注[編集]