アレクセイ・レベジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ロシアの旗 ロシアの政治家
アレクセイ・レベジ
(レーベジ)
Алексей Иванович Лебедь
Alexey Lebed, August 2004.jpg
生年月日 (1955-04-14) 1955年4月14日(61歳)
出生地 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦 ロシア共和国ロストフ州ノヴォチェルカッスク
出身校 リャザン高等空挺指揮学校、フルンゼ名称軍大学
前職 軍人
所属政党 統一ロシア(2005年から2011年まで)
称号 大佐
親族 アレクサンドル・レベジ(兄、クラスノヤルスク地方知事)

Flag of Khakassia.svg ハカス共和国首相
在任期間 1997年1月9日 - 2009年1月14日
テンプレートを表示

アレクセイ・イワノヴィチ・レベジレーベジロシア語: Алексей Иванович Лебедь、ラテン文字転写の例:Aleksei Ivanovich Lebed1955年4月14日 - )は、ソビエト連邦およびロシア政治家軍人。ソ連軍大佐。軍を退役後、1997年1月9日から2009年1月14日まで、ハカス共和国(ハカシア共和国)政府議長(首相)を務めた[1][2]クラスノヤルスク地方知事、ロシア安全保障会議書記などを歴任したアレクサンドル・レベジは実兄[3]

ソビエト連邦ロシア連邦共和国ロストフ州ノヴォチェルカッスクで労働者の家庭に生まれる。1976年リャザン高等空挺指揮学校を卒業する。1979年まで白ロシアレニングラードおよびシベリア軍管区に勤務する。1979年から1982年までアフガニスタン戦争に従軍する。1987年フルンゼ名称軍大学を卒業する。1991年第300空挺連隊長。1992年同連隊は、ハカス共和国アバカンに再配置されることとなる。

1995年ロシア下院選挙にハカス共和国の小選挙区から立候補する。1996年12月22日にハカス共和国政府議長(首相)に選出され、翌1997年1月に就任[4]2000年12月24日に70パーセント以上の支持を獲得して再選される。

2002年春に、兄で現職のクラスノヤルスク地方知事だったアレクサンドル・レベジが事故死した後、後任のクラスノヤルスク地方知事選挙への立候補を表明したが、結局、立候補を取り下げた。2004年12月26日に首相に三選される[5]ロシア連邦議会上院連邦会議の代議員でもあり、上院では予算・財政政策・金融・関税委員会に所属している。2009年1月14日に首相を退任。

私生活では、夫人との間に一男一女を儲けた。

脚注[編集]

  1. ^ TV, Moscow - October 18, 1998 "Russia: brother of prominent general possibly to stand for presidency"
  2. ^ NTV, Moscow - March 7, 1997 "Khakassia's new leader Lebed holds first news conference at Federation Council"
  3. ^ Radio Mayak, Moscow - June 6, 2002 "Brother of dead Russian general aspires to succeed him as Krasnoyarsk governor"
  4. ^ NTV, Moscow - March 7, 1997 "Khakassia's new leader Lebed holds first news conference at Federation Council"
  5. ^ RIA news agency, Moscow - December 25, 2000 "Russia: Aleksey Lebed re-elected Khakassia governor"
公職
先代:
エフゲニー・スミルノフ
Flag of Khakassia.svg ハカス共和国政府議長
1997 - 2009
次代:
ヴィクトル・ジミン (en