アルヴィーダス・サボニス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アルヴィーダス・サボニス
Arvydas Romas Sabonis
Sabonis Lipofsky (1 of 1).JPG
引退
殿堂 バスケットボール殿堂
ポジション
(現役時)
センター
背番号(現役時) 11[1]
身長(現役時) 221cm  (7 ft 3 in)
体重(現役時) --
基本情報
本名 アルヴィーダス・ロマス・サボニス
愛称 "Sabas"
ラテン文字 Arvydas Romas Sabonis
リトアニア語 Arvydas Romas Sabonis
誕生日 1964年12月19日(51歳)
リトアニアの旗 リトアニア
出身地 Flag of Lithuanian SSR.svg リトアニア・ソビエト社会主義共和国 カウナス郡 カウナス
出身 ソビエト連邦の旗 リトアニアの旗 BCジャルギリス
ドラフト 1986年 24位 
選手経歴
1981-1989
1989-1992
1992-1995
1995-2001
2001-2002
2002-2003
2003-2005
ジャルギリス・カウナス
CBバリャドリッド
レアル・マドリード・バロンセスト
ポートランド・トレイルブレイザーズ
怪我の為プレイせず
ポートランド・トレイルブレイザーズ
ジャルギリス・カウナス

アルヴィーダス・ロマス・サボニスArvydas Romas Sabonis1964年12月19日 - )は、リトアニアが生んだ伝説的なバスケットボール選手。ヨーロッパ史上最高のセンターと呼ばれ、ソビエト連邦時代からその名前を世界中に轟かせてきた。ポジションはセンター。身長221cm。

来歴[編集]

1981年、16歳の時にソビエト連邦の構成国だったリトアニア・ソビエト社会主義共和国のクラブチーム、ジャルギリス・カウナスにてプロデビュー。1989年までの8年間で3度ソビエト連邦の国内王者となった。

1982年、17歳でソビエト連邦A代表に招集されA代表デビュー。同年夏にコロンビアで開催された世界選手権に参加し、優勝。金メダル獲得。

1983年、スペインマヨルカ島で開催された世界ジュニア選手権にU-18ソビエト連邦代表として参加、銀メダル獲得。同年フランスで行われたユーロバスケットに今度はソビエト連邦A代表として参加、銅メダル獲得。

1985年、神戸で開催されたユニバーシアードで金メダル。同年、西ドイツで開催されたユーロバスケットで金メダル獲得、大会MVPも受賞。

1986年、21歳の時、スペインで開催された世界選手権に参加し、銀メダル獲得と共に大会ベスト5に選出される。同年秋に行われたNBAドラフトで、当時まだアメリカ人のみが席巻していたNBAにおいて、アメリカ人以外の選手としては異例の1巡目24位という高順位で指名を受けた[2]。しかし、当時は政治的に米ソが冷戦の対立の最中であったという事と、オリンピックにおけるバスケットボールにプロ選手が出られなかった[3]などの諸処の理由で、この時のNBA入りは叶わなかった。

1988年のソウルオリンピックにソ連代表として出場。準決勝でデビッド・ロビンソンなどアマチュア選手で構成されたアメリカ代表に勝利し、金メダルを獲得した。なお、アメリカ代表はこの敗戦を契機にプロ選手で構成されたドリームチーム結成を決定している。

ソウル五輪以降もヨーロッパでプレーを続けたサボニスだが、冷戦も終結し社会情勢も大きく変化した事により、1995年よりNBAポートランド・トレイルブレイザーズに入団した。

31歳となったサボニスには当初懐疑的な目もあったが、卓越したスキルと高いバスケットボールIQで好プレーを連発。NBAの7年間で平均12.0ポイント、7.3リバウンド、2.1アシストを記録し大きなインパクトを残している。

タイトル、個人記録、受賞[編集]

ナショナルチーム[編集]

プレースタイル[編集]

221cmの恵まれた体躯を活かしてペイントゾーンを支配する世界屈指のセンターであったが、それ以上にバスケットボール選手としての完成度が極めて高かった選手として知られる。
センターの本分であるリバウンドブロックショットだけではなく、ゴール下から3ポイントまで決められるセンターとしては規格外の広大なシュートレンジを誇り、ボールハンドリングの技術も非常に高く、ポイントガード顔負けのノールックパスやビハインド・ザ・バック・パスを随所に披露。NBAでも好成績を連発し、ドラフト時サボニスに対して低い評価だったアメリカバスケットボール界に大きな衝撃を与えている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ バスケットボール殿堂入りし、ポートランド・トレイルブレイザーズ一筋でプレーしたが、永久欠番には認定されておらず、2012年からはメイヤーズ・レナードが背番号「11」を着用している。
  2. ^ この時、サボニスが指名された瞬間、会場中からブーイングが起こった
  3. ^ NBA選手になるという事は、プロ選手になるという事で、国際大会に代表として出られない事を意味していた

関連項目[編集]

外部リンク[編集]