ウォルター・ザービアック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウォルター・ザービアック
Walter Szczerbiak Sr.
引退
ポジション
(現役時)
スモールフォワード
身長(現役時) 198cm  (6 ft 6 in)
体重(現役時) 95kg (209 lb)
基本情報
ラテン文字 Walter Szczerbiak Sr.
誕生日 1949年8月21日(65歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 西ドイツハンブルク
出身 ジョージ・ワシントン大学
ドラフト 1971年4巡65位
選手経歴
1971-1972
ピッツバーグ・コンドルズ(ABA)
レアル・マドリード・バロンセスト

ウォルター・ザービアック(Walter Szczerbiak 1949年8月21日 - )はドイツハンブルク出身のアメリカ合衆国の元バスケットボール選手。

息子のウォーリー・ザービアックもバスケットボール選手。

2008年2月3日、半世紀以上に渡るユーロリーグ史上の偉大な50人の貢献者の1人に選出された[1]

経歴[編集]

ジョージ・ワシントン大学を卒業後、1971年のNBAドラフト4巡全体65番目でフェニックス・サンズから指名を受けたがロースターに残れなかった。同年のABAドラフトでダラス・チャパラルズ(現サンアントニオ・スパーズ)から3巡で指名を受けており、本来は交渉権を持っていたチャパラルズへの入団は希望せず、同じABAピッツバーグ・コンドルズのキャンプにジェリー・コランジェロの口利きで参加し所属した[2]。コンドルズが消滅した際のドラフト7位でケンタッキー・カーネルズに指名されたが、ビル・チェンバレンを指名したチームから解雇された[2]

レアル・マドリード・バロンセストに在籍した1974年、1978年、1980年の欧州チャンピオンズカップで優勝を果たしている。インターコンンチネンタルカップでも3回優勝しており、1977年大会のMVPに選ばれた。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Euroleague official website, Experts decide European Club Basketball's 50 greatest contributors”. 2008年10月18日閲覧。
  2. ^ a b Walt Szczerbiak Interview”. remembertheaba.com. 2015年7月5日閲覧。

外部リンク[編集]