トラジャン・ラングドン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
トラジャン・ラングドン
Trajan Langdon
Trajan Langdon at all-star PBL game 2011 (1).JPG
PBC CSKAモスクワでのラングドン (2011年)
ブルックリン・ネッツ A-GM
役職 アシスタントGM
ポジション
(現役時)
SG
背番号(現役時) 21
身長(現役時) 192cm  (6 ft 4 in)
体重(現役時) 96kg (212 lb)
基本情報
本名 Trajan Shaka Langdon
ラテン文字 Trajan Langdon
誕生日 1976年5月13日(39歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 アラスカ州アンカレッジ
出身 デューク大学
ドラフト 1999年 11位 
選手経歴
1999-2002
2002-2003
2003-2004
2004-2005
2005-2011
クリーブランド・キャバリアーズ
イタリアの旗 パラカネストロ・トレヴィーゾ
トルコの旗 アナドル・エフェスSK
ロシアの旗 MBCディナモ・モスクワ
ロシアの旗 PBC CSKAモスクワ
受賞歴
獲得メダル
バスケットボール
世界選手権
1998 男子バスケットボール

トラジャン・ラングドンTrajan Shaka Langdon1976年5月13日 - )は、アメリカ合衆国カリフォルニア州パロアルト生まれ、アラスカ州アンカレッジ出身の元プロバスケットボール選手。現在はブルックリン・ネッツのアシスタントGMを務めている。ポジションはシューティングガード

来歴[編集]

アマチュア[編集]

アラスカ州の高校では全米チームに選ばれ、デューク大学では3ポイントの記録を塗り替え、また1998年世界選手権の代表にも選ばれ銅メダルを獲得。

NBA[編集]

卒業後の1999年のNBAドラフトクリーブランド・キャバリアーズに指名され、アラスカ初のNBAプレイヤーとなる。学生時代はバスケだけでなく野球にも熱中しており、MLBサンディエゴ・パドレスからもドラフト6巡目指名を受けている。

NBAでは3シーズンプレー。

ヨーロッパへ[編集]

キャバリアーズ退団後はヨーロッパへ渡り、イタリア・セリエAベネトン・トレヴィーゾに入団。2003年、トルコリーグのエフェス・ピルセンSKへ移籍。この2チームではリーグ優勝の原動力となっている。

2004年、ロサンゼルス・クリッパーズと契約しNBA復帰を目指したが、最終ロースターに残れず、ロシアリーグのMBCディナモ・モスクワへ移籍。

2005年、PBC CSKAモスクワへ移籍。3シーズン連続でユーロリーグ出場を果たし、2006-07シーズンはファーストチームに選ばれた。

2007-08シーズンはユーロリーグ制覇に貢献し、ファイナルMVPに選ばれた。

2011年、現役引退。

引退後[編集]

2016年3月8日、ブルックリン・ネッツのアシスタントGMに任命された[1]

関連項目[編集]

  1. ^ Nets name Trajan Langdon assistant general manager