コンテンツにスキップ

セオドロス・パパルーカス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
セオドロス・パパルーカス
Theodoros Papaloukas
基本情報
愛称 "セオ"
ギリシャ語 Θοδωρής Παπαλουκάς
国籍 ギリシャの旗 ギリシャ
生年月日 (1977-05-08) 1977年5月8日(47歳)
出身地 アテネ
身長 200cm (6 ft 7 in)
体重 102kg (225 lb)
ポジション ポイントガード
背番号歴 4
選手経歴
1995-1997
1997-1999
1999-2001
2001-2002
2002-2008
2008-2011
2011-2012
2012–2013
アンベロキピ
ダフニBC
パニオニオスBC パニオニオスBC
オリンピアコス
CSKAモスクワ CSKAモスクワ
オリンピアコス
マッカビ・テルアビブBC
CSKAモスクワCSKAモスクワ
代表歴
キャップ ギリシャの旗 2001年-2013年
獲得メダル
男子バスケットボール
世界選手権
2006 日本 大会ベスト5
ユーロバスケット
2005 セルビア&モンテネグロ 大会ベスト5

セオドロス・パパルーカスΘοδωρής ΠαπαλουκάςTheodoros Papaloukas1977年5月8日 - )は、ギリシャの元プロバスケットボール選手アテネ出身。ポジションはポイントガードシューティングガードスモールフォワードの3つのポジションをこなす。200cm、102kg。

来歴

[編集]

ギリシャ時代

[編集]

1995年、アンベロキピでプロデビュー。

その後、ダフニでA2リーグMVPを獲得し、1999年にA1リーグのパニオニオスへ移籍。

2001年、強豪オリンピアコスBCに移籍。ユーロリーグにも出場した。

ロシア

[編集]

2006年よりPBC CSKAモスクワ所属。

2006ユーロリーグ決勝では18点を記録し、チームの優勝に大きく貢献。

ギリシャ代表

[編集]

ギリシャ代表でもシックススマンながらチームの柱となっており、2005年のユーロバスケット優勝、2006年世界選手権準優勝に貢献。世界選手権ではベスト5にも選ばれる。NBA外リーグ所属選手で唯一の選出であった。アテネ五輪にも出場。

関連項目

[編集]

外部リンク

[編集]