やまと (スーパーマーケット)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
株式会社やまと
YAMATO Co., Ltd.
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
407-0014
山梨県韮崎市富士見2-12-36
設立 1951年
業種 小売業
法人番号 2090001011226 ウィキデータを編集
事業内容 食品スーパーマーケットの運営
代表者 破産管財人 柴山聡
資本金 3000万円
従業員数 44名[1]
関係する人物 小林久(前代表取締役社長)
テンプレートを表示

株式会社やまとは、かつて山梨県韮崎市に本社を置き、食品スーパーマーケットチェーンを展開していた企業。2017年(平成29年)12月に自己破産

概要[編集]

1912年大正元年)に韮崎市で鮮魚店を開業したのが始まり[2]1951年昭和26年)に株式会社化した。1975年(昭和50年)食品スーパーに転換し[3]、韮崎市、峡北エリアを中心に店舗展開していた[1]。2017年(平成29年)12月7日、自己破産と店舗の閉店を決定し[3][4]、同年12月18日に甲府地方裁判所から破産手続開始決定を受けた[5]負債総額約16億7,000万円[3]。2008年に16店舗[1]2014年(平成26年)6月に14店舗、自己破産時は9店舗[1]に、310人いた従業員も44人に減らしていた[1][6]正社員44人を含めた約170人は解雇された[7]。最盛期の2000年(平成12年)6月期に約78億9,200万円だった売上高は2017年6月期には約27億4,700万円に落ち込んでいた[7]

代表取締役社長であった小林久も、2017年(平成29年)12月に甲府地方裁判所に自己破産を申請。2018年(平成30年)3月に破産手続開始決定を受けた[8]

やまとは、破産費用不足のため、2019年(令和元年)7月19日に甲府地方裁判所から破産手続廃止決定を受け[9]、同年8月22日に法人格が消滅した。

営業していた店舗[編集]

店舗はいずれも山梨県内に存在した。

ロケ地[編集]

書籍[編集]

経営破綻から8ヵ月後の2018年8月25日、商業界から前社長であった小林久の著で、『こうして店は潰れた 地域土着スーパー「やまと」の教訓』(ISBN 4785505397)が発刊された[8][11]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e “山梨の老舗食品スーパー やまとが事業停止、自己破産申請へ”. 帝国データバンク(Yahoo). (2017年12月7日). https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171207-00010000-teikokudb-ind 2017年12月7日閲覧。 [リンク切れ]
  2. ^ 会社概要 - やまと公式サイト内
  3. ^ a b c TSR速報 (株)やまと東京商工リサーチ 2017年12月7日
  4. ^ NHK NEWS WEB[リンク切れ]
  5. ^ 追報:(株)やまと(山梨)/破産開始決定 韮崎の食品スーパーJC-net. 2017年12月20日
  6. ^ 310人は2013年時点での記載。非正規雇用を含むのか不明。
  7. ^ a b “「やまと」山梨県内全9店舗営業取りやめ”. 毎日新聞. (2017年12月7日). https://mainichi.jp/articles/20171207/k00/00e/020/324000c 2017年12月7日閲覧。 
  8. ^ a b 『こうして店は潰れた 地域土着スーパー「やまと」の教訓』当事者が語る“生きた教訓”がここに!8月25日発売Sankei Biz 2018年8月24日
  9. ^ 【自己破産】破産者 株式会社やまと自己破産・特別清算・再生データベース 2019年8月2日
  10. ^ a b c d e f g h i (2017年12月2日時点でのキャッシュ) - 店舗案内 スーパーやまと
  11. ^ 100年続くスーパー、こうして潰れました 社長の回顧2018年12月17日 朝日新聞(谷口哲雄)