たかしよいち

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

たかし よいち(高士 与市、1928年11月10日[1] - 2018年1月7日)は、日本児童文学作家鹿児島女子短期大学名誉教授、久留米信愛女学院短期大学教授・図書館長。

来歴[編集]

熊本県出身。福岡県久留米市在住。東洋語学専門学校(現在の熊本学園大学)卒業。

1962年『狩人タロの冒険』を処女出版。1965年『埋もれた日本』で日本児童文学者協会賞1977年『竜のいる島』で国際アンデルセン賞優良作品賞サンケイ児童出版文化賞2008年『天狗』で赤い鳥文学賞受賞。

考古学、古生物学などの分野の児童向け図書を数多く刊行、絵本、日本神話の再話、原作漫画も多い。椋鳩十に師事し、その研究書なども書いている。1978年、椋の後任として鹿児島女子短期大学教授を務め、1989年より久留米信愛女学院短期大学教授を務めた。

2018年1月7日、誤嚥性肺炎のため福岡市の病院で死去。89歳没[2]

著書[編集]

1960年代[編集]

  • 『狩人タロの冒険』高士登絵 理論社 1962年
  • シュリーマン三十書房 1964年
  • 『埋もれた日本 考古学へのみちびき』高士与市 牧書店 1964
  • 『キバの王者』理論社 1965年 のちフォア文庫
  • 『黄金のきば』講談社 1966年
  • 『古代発掘物語全集』全7巻 国土社 1967-1968年
  • 『おんぼろヨットのぼうけん』理論社 1967年
  • 『恐竜のなぞをとく』岩崎書店 1967年
  • 『きょうりゅうのせかい』偕成社 1968年
  • 『おおむかしのいきもの』学習研究社 1969年
  • 『恐竜』国土社(なぞの古代生物) 1969
  • 『マンモス』国土社(なぞの古代生物) 1969
  • 『ミイラ発見ものがたり その秘密となぞにいどむ学者』偕成社 1969
  • 『きょうりゅうのおやこ』岩崎書店 1969

1970年代[編集]

  • 『化石動物のなぞ』千代田書房 1970
  • 『大むかしのせかい』偕成社 1970
  • 『人類の祖先』国土社(なぞの古代生物)1970
  • 『日本発掘物語全集』全15巻 国土社 1970-1985
  • 『しらぬい』岩崎書店 1970
  • 『マンモスの悲劇 わたしが歩いたマンモスの道』大日本図書 1970 のちフォア文庫
  • 『大ツノシカ・ビーブ』あすなろ書房 1970
  • 『きたぐにのサル』童心社 1971
  • 『三びきと一わのぼうけん』岩崎書店 1971
  • 『にんげんのそせん』偕成社 1971
  • 『まぼろしの怪獣 デスモスチルス発見物語』偕成社 1971
  • 『前世紀の怪魚』国土社(なぞの古代生物)1971
  • 『化石魚シーラカンス』国土社(なぞの古代生物)1971
  • 『海竜・翼竜』国土社(なぞの古代生物) 1971
  • 『怪獣バルキテリウム』国土社(なぞの古代生物)1971
  • 『がわっぱ かっぱものがたり』岩崎書店 1971
  • 『ほらふきてんぐ』岩崎書店 1972
  • 『まんもすぷう』岩崎書店 1972
  • 『竜神』講談社 1972
  • 『日本人のなぞをさぐる』少年少女講談社文庫 1973
  • 『三つの海峡 日本人の来た道』河出書房新社 1973 「日本人の来た道」偕成社文庫
  • 『大昔をさぐる 考古学入門』小学館 1974
  • 『きょうりゅうをたおせ』文研出版 1974
  • 『なぞの怪獣・珍獣を追え』(ジュニアチャンピオンコース)学習研究社 1974
  • 『ミイラ なぞをさぐる』ユニコン出版 1974
  • 『天平のにせ金つくり』国土社 1974
  • 『鬼と三きょうだい』国土社 1974
  • 『手ながの目』丸木位里丸木俊絵 岩崎書店 1974
  • 『さいごの恐竜』偕成社 1974
  • 『きょうりゅうのはかば』理論社 1975 のちフォア文庫
  • 『天をかける白馬』偕成社 1975 のち文庫
  • 『ぼくとたまご』岩崎書店 1975
  • 『やまわろとてんぐどん』あかね書房(新作絵本日本の民話)1975
  • 『鬼がら』岩崎書店 1975
  • 『くびながりゅうをさがせ』理論社 1976 のちフォア文庫
  • 『きえたかいじゅうたち』理論社 1976 のちフォア文庫
  • 『ほらあなのげんしじん』理論社 1976 のちフォア文庫
  • 『こおりづけのマンモス』理論社 1976 のちフォア文庫
  • 『ほらあなのたんけん ラスコーのどうくつ発見ものがたり』岩崎書店 1976
  • 『女王ヒミコのなぞ わたしが歩いたヤマタイ国への道』大日本図書 1976 のちてのり文庫
  • 『竜のいる島』アリス館牧新社 1976 のち講談社文庫
  • 『おおむかしのかりうど 縄文時代のくらし』岩崎書店 1977
  • 『ぷかぷかとうのぼうけん』あかね書房 1977
  • 『化石動物をさぐる』岩崎書店 1977
  • 『恐竜探検』学習研究社 1977
  • 『クレタ島のひみつ』偕成社 1978
  • 『ぽけっとこびと』教学研究社 1978
  • 『登呂むらの一年 弥生時代の農業』岩崎書店 1979 「登呂遺跡のなぞ」国土社てのり文庫
  • 『目ん玉どろぼう』岩崎書店 1979
  • 『おばけのどんぶら』岩崎書店 1979
  • 『河童九千坊』西日本図書館コンサルタント協会(九州かっぱシリーズ)1979
  • 『げんこつどろぼう』岩崎書店 1979
  • 『ネッシーちゃんはおともだち』小学館 1979

1980年代[編集]

  • 『森のパプティ』岩崎書店 1980
  • 『ねむりんぼじまのおおおとこ』岩崎書店 1980
  • 『そらとぶガムガム』大日本図書 1981
  • 『しゃっくりどろぼう』岩崎書店 1981
  • 『椋鳩十の世界』理論社 1982
  • 『太陽と黄金とジャングル マヤ、インカ紀行』あかね書房(あかね紀行文学)1982
  • 『へそどろぼう』岩崎書店 1983
  • 『かいじゅうドッコイ』ひくまの出版 1983
  • ドッコイのなんでもできるよ ひくまの出版
『ドッコイのゆかいなケーキやさん』1984
『ドッコイのびっくりロボットやさん』1985
『ドッコイのそれいけがんばれロケット』1985
  • 『かいじゅうメガネサウルス』ひくまの出版 1985
  • 『少年王ツタンカーメン わたしが歩いた古代エジプトへの道』大日本図書 1986
  • 『ジャングルにのこるみやこ』理論社(とおい昔の謎をとく)1987
  • 『さばくにねむるミイラ』理論社(とおい昔の謎をとく)1987
  • 『日本人はどこからきたか』理論社 1987 のちフォア文庫
  • 『うちゅうからきたタマゴ』教育画劇 1988
  • 『迷宮の島 怪物ミノタウロスのなぞ』あすなろ書房 1988
  • 岩宿遺跡のなぞ』国土社(てのり文庫)1988
  • おはなしなぞとき恐竜の世界 国土社
『がんばれ!恐竜アパトサウルス』1989
『たたかえ!恐竜イノストランケビア』1989
『それいけ!恐竜メガロサウルス』1989
『まけるな!恐竜ステゴサウルス』1989
『石あたま!恐竜パキケファロサウルス』1989
『あぶない!恐竜パラサウロロフス』1990
『はばたけ!恐竜プテラノドン』1990
『すすめっ!恐竜アンキロサウルス』1990
『つよいぞ!恐竜フタバスズキリュウ』1990
  • 『七人のゆかいな大どろぼう』スズキコージ絵 理論社 1989 のちフォア文庫
  • 『北の逃亡者 中国人強制労働の悲劇』理論社 1989
  • 『椋文学の軌跡』理論社 1989
  • 『やったね!恐竜ドロミケイオミムス』国土社(おはなしなぞとき恐竜の世界)1989

1990年代[編集]

  • 『タロス惑星のかいじゅうたち』ひくまの出版 1990
  • 『恐竜なんでも事典』国土社(てのり文庫)1990
  • 『七人のおかしな妖怪たち』理論社 1990
  • 『墓どろぼうの話』国土社(てのり文庫)1990
  • 吉野ケ里・首なし人骨のなぞ』理論社 1990 のちフォア文庫
  • 『マンモスの狩人』国土社(てのり文庫)1991
  • 『うぐいすのいちもんせん』佼成出版社(民話こころのふるさとシリーズ)1993
  • 『日本原人がやってきた』国土社(世界むかしむかし探検)1993
  • 『ミイラはよんでいる』国土社(世界むかしむかし探検)1994
  • 『死の都ポンペイ』国土社(世界むかしむかし探検)1994
  • 『消えた北京原人のなぞ』国土社(世界むかしむかし探検)1994
  • 『吉野ケ里にヒミコはいたか』国土社(世界むかしむかし探検)1995
  • 『ふしぎなおしゃべり自転車』岩崎書店 1995
  • 『インカのミイラは黄金を見たか』国土社(世界むかしむかし探検)1996
  • 『七人の大昔の幽霊』理論社(七人の七不思議シリーズ)1996
  • 『七人の宇宙から来たナナホシ星人』理論社(七人の七不思議シリーズ)1998
  • 『椋文学の散歩道』理論社 1998

2000年代[編集]

  • 『妖怪伝』ポプラ社
巻の1、河童 2006
巻の2、天狗 2007
巻の3、鬼 2007
  • よみがえる化石恐竜たち 打道宗廣絵 絵本塾出版
『掘り出された恐竜大化石』 2013
『眠りからさめた大恐竜』2013
『氷づけのマンモス大発見』2014
『怪じゅうたちの大絶滅』2014
『原始人のくらしに大接近』2014
  • ナゾとき大きょうりゅう 小泉澄夫絵 絵本塾出版 2013
『きょうりゅうが走る』
『空とぶきょうりゅう』
『きょうりゅうも病気になる』
『にん者きょうりゅう』
  • 『ふしぎなたまご』岡山伸也絵 絵本塾出版 2014
  • 新版なぞとき恐竜大行進 中山けーしょー絵 理論社
ティラノサウルス 史上最強!恐竜の王者』2015
アロサウルス あばれんぼうの大型肉食獣』2015
マイアサウラ 子育てをした草食竜』2015
マメンチサウルス 中国にいた最大級の草食竜』2015
フクイリュウ 福井で発見された草食竜』2015
メガロサウルス 世界で初めて見つかった肉食獣』2016
アルゼンチノサウルス これが超巨大竜だ!』2016
オルニトミムス ダチョウの足をもつ羽毛恐竜』2017

共著[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『文藝年鑑』1978、2007
  2. ^ たかしよいしさん死去 - 西日本新聞 2018年1月11日