さんかく座デルタ星

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
さんかく座δ星
Delta Trianguli
星座 さんかく座
視等級 (V) 4.87[1]
位置
元期:J2000.0
赤経 (RA, α) 02h 17m 03.3016s[1]
赤緯 (Dec, δ) +34° 13′ 27.2260″[1]
視線速度 (Rv) -6.57 km/s[1]
固有運動 (μ) 赤経: 1,151.83 ミリ秒/[1]
赤緯: -246.89 ミリ秒/年[1]
年周視差 (π) 92.73 ± 0.39 ミリ秒[1]
距離 35.2 光年
(10.78 パーセク
絶対等級 (MV) 4.71
物理的性質
半径 0.98 / ? R[2]
質量 1.00 / 0.86 M[3]
表面重力 19.9 / ? g[4]
自転速度 < 1.5 / ? km/s[4]
スペクトル分類 G0 Ve / G9 - K4 V[5]
光度 1.09 / ? L[6]
表面温度 6,215 / 4,493 K[5]
色指数 (B-V) 0.61
色指数 (U-B) 0.02
金属量[Fe/H] -0.44(太陽比)[4]
年齢 1.9 ×109[7]
軌道要素と性質
軌道長半径 (a) 9.80 ± 0.06 ミリ秒[8]
(0.106 AU
離心率 (e) 0.020 ± 0.005[8]
公転周期 (P) 10.02 [8]
軌道傾斜角 (i) 167 ± 3°[8]
昇交点黄経 (Ω) 15 ± 9°[8]
前回近点通過 2,448,117.5 ± 0.2 JD [8]
別名称
別名称
さんかく座8番星, ADS 1739, BD+33°395, CCDM J02170+3414, GC 2733, GCTP 464.00, グリーゼ 92, HD 13974, HIP 10644, HR 660, LFT 198, LHS 154, LTT 10770, SAO 55420
Template (ノート 解説) ■Project

さんかく座δ星(さんかくざデルタせい)は、さんかく座の方角に約35光年の位置にある分光連星系である。この系は、ヘルクレス座ζ星運動星団の一部である[9]

恒星系[編集]

リック天文台のグループによる1910年の観測で、初めて視線速度が時間によって変化することが発見され、追観測によって分光連星であることが明らかになった[10]ウィルソン山天文台Mark III干渉計による観測で、公転軌道を2次元で視覚化することはできたが[11]スペックル干渉法補償光学などを用いても、主星と伴星を分離した画像は得られていない[12][13]

主星は黄色のG型主系列星で、伴星は橙色のK型主系列星であると考えられている。主星は太陽程度の質量を持つ。2つの恒星の軌道が近いために、伴星であるさんかく座δ星Bのスペクトルの特徴は良く判別できず、スペクトル型の推定にはG9VからK4Vまで幅がある。

さんかく座δ星系では、主星と伴星が共通重心の周りを回っている。恒星Aから共通重心までの距離は約0.049天文単位で、恒星Bは共通重心から約0.057天文単位である。10.02日間かけてお互いの周りを、軌道離心率0.020程度のほぼ円軌道を描いて公転している。軌道傾斜角は約167°である[8]

スピッツァー宇宙望遠鏡による観測では、恒星からの放射で予想される以上の強度の遠赤外線は検出されず、恒星を取り巻く星周塵の円盤などは存在しないと思われる[5]

距離と見え方[編集]

さんかく座δ星系から最も近い恒星は赤色矮星グリーゼ3147で、約1.8光年離れている[14]。最も近い既知の惑星系はアンドロメダ座υ星の系で、約11光年離れている。また、系から見える最も明るい恒星はカペラで、-1等級の黄色い星に見える。太陽は、ケンタウルス座β星シリウスの近くの暗い星として見られる。

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g del Tri -- Spectroscopic binary”. SIMBAD. 2017年1月28日閲覧。
  2. ^ Pasinetti Fracassini, L. E.; et al. (2001-02), “Catalogue of Apparent Diameters and Absolute Radii of Stars (CADARS) - Third edition - Comments and statistics”, Astronomy and Astrophysics 367: 521-524, Bibcode 2001A&A...367..521P, doi:10.1051/0004-6361:20000451 
  3. ^ Tokovinin, Andrei (2014-04), “From Binaries to Multiples. II. Hierarchical Multiplicity of F and G Dwarfs”, Astronomical Journal 147 (4): 87, Bibcode 2014AJ....147...87T, doi:10.1088/0004-6256/147/4/87 
  4. ^ a b c Gonzalez, G.; Carlson, M. K.; Tobin, R. W. (2010-04), “Parent stars of extrasolar planets - X. Lithium abundances and v sini revisited”, Monthly Notices of the Royal Astronomical Society 403 (3): 1368-1380, Bibcode 2010MNRAS.403.1368G, doi:10.1111/j.1365-2966.2009.16195.x 
  5. ^ a b c Kim, Jinyoung Serena; et al. (2005-10), “Formation and Evolution of Planetary Systems: Cold Outer Disks Associated with Sun-like Stars”, Astrophysical Journal 632 (1): 659-669, Bibcode 2005ApJ...632..659K, doi:10.1086/432863 
  6. ^ Millan-Gabet, R.; et al. (2011-06), “Exozodiacal Dust Levels for Nearby Main-sequence Stars: A Survey with the Keck Interferometer Nuller”, Astrophysical Journal 734 (1): 67, Bibcode 2011ApJ...734...67M, doi:10.1088/0004-637X/734/1/67 
  7. ^ Mamajek, Eric E.; Hillenbrand, Lynne A. (November 2008). “Improved Age Estimation for Solar-Type Dwarfs Using Activity-Rotation Diagnostics”. The Astrophysical Journal 687 (2): 1264?1293. Bibcode 2008ApJ...687.1264M. doi:10.1086/591785. 
  8. ^ a b c d e f g Hartkopf, William I. and Mason, Brian D.. “Sixth Catalog of Orbits of Visual Binary Stars”. USNO. 2008年6月22日閲覧。
  9. ^ Eggen, O. J. (1971-06), “The ζ Herculis, σ Puppis, ε Indi, and η Cephei Groups of Old Disk Population Stars”, Publications of the Astronomical Society of the Pacific 83: 251-270, Bibcode 1971PASP...83..251E, doi:10.1086/129119 
  10. ^ Pearce, J. A. (1924), “The orbit of the spectroscopic binary δ Trianguli”, Lick Observatory Bulletin 11: 131-132, Bibcode 1924LicOB..11..131P, doi:10.5479/ADS/bib/1924LicOB.11.131P 
  11. ^ Hummel, C. A.; et al. (1995-07), “Orbits of Small Angular Scale Binaries Resolved with the Mark III Interferometer”, Astronomical Journal 110: 376-390, Bibcode 1995AJ....110..376H, doi:10.1086/117528 
  12. ^ Hartkopf, William I.; Mason, Brian D. (2009-09), “Speckle Interferometry at Mount Wilson Observatory: Observations Obtained in 2006-2007 and 35 New Orbits”, Astronomical Journal 138 (3): 813-826, Bibcode 2009AJ....138..813H, doi:10.1088/0004-6256/138/3/813 
  13. ^ Roberts, Lewis C., Jr. (2011-05), “Astrometric and photometric measurements of binary stars with adaptive optics: observations from 2002”, Monthly Notices of the Royal Astronomical Society 413 (2): 1200-1205, Bibcode 2011MNRAS.413.1200R, doi:10.1111/j.1365-2966.2011.18205.x 
  14. ^ Delta Trianguli 2”. SolStation. 2008年6月22日閲覧。

外部リンク[編集]