さっぽろももこ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

さっぽろももこ9月15日 - )は、日本作曲家原画家歌手大阪府茨木市出身。現在はフリーのゲームクリエイターとして、主にアダルトゲームの音楽や原画を担当している。

作曲の傾向としては主にテクノやニューウェイヴ系の楽曲が多く、自ら「80年代ニューウェイヴ残党」と称することもある[1]

略歴[編集]

当初は作曲家としてその活動を開始した。MTRを用いた作曲に熱中する内にできたデモテープが巻上公一の目に止まってスタジオ録音の機会を与えられる。そこでヤマハ関係者と親交ができて、そのスタジオを使わせてもらう内に、1985年10月、「第30回ポピュラーソングコンテストつま恋本選会」へ出場し、優秀曲賞を受賞。同会に出席していた谷山浩子からもその音楽性を高く評価され、同月の第16回世界歌謡祭にも出場した。翌1986年10月にシングル『ファイヴ・シャドウ』でキャニオンからデビュー。1980年代はRIKA名義で作曲家・歌手として活動する[1]。しかし、1988年2月のシングル『ようこそシネマハウスへ』リリース後、2枚目のアルバム制作準備中にレコード会社との契約が打ち切りとなり、活動を停止した[2]。その後は、アマチュアバンド『モダーン・ズーダラ』のコーラスとして、『イカすバンド天国』にも出場した事がある。

その後、音楽関係の仕事がしたいと、美少女ゲーム製作会社HARDの求人票を見て訪れると、絵の仕事ならあると言われて全く経験はないながら挑戦することになる。その内に絵を描く楽しさに目覚め、後に同社社長に就任する長岡建蔵とともに多くの仕事をこなしていくことになる[3]

特にRIKAとして最後のシングルとなった『ようこそシネマハウスへ』と同じ題名の映画製作シミュレーションゲーム『ようこそシネマハウスへ』(HARD 1994年)を企画し、アダルトゲーム主体の同社では異色の作品として高い評価を得た[4]

他にも、アダルトゲームの分野では、13cmCRAFTWORKなど、VA系ブランドの作品に参加することが多く、看護士がヒロインの多くを占める作品の原画を担当する頻度も高い。前述の『ようこそシネマハウスへ』、『さよならを教えて 〜comment te dire adieu〜』(CRAFTWORK 2001年)、『発情カルテ 〜緋色の陵辱肉玩具〜』(13cm 2000年)など、カルト的な人気を誇る作品に参加していることが多いのも特徴である[5]コンシューマ作品の『ポケットラブ』シリーズにも参加していた。

2013年より、RIKA名義での歌手活動を再開、ソロユニット『PINPONS』として、音源制作とライブ活動を展開している。

2014年には松戸市に在住し、その縁から市と防犯協会連合会に協力して自動車盗防止啓発ポスターを描いている[6]

ディスコグラフィー[編集]

  • 1986年 - 『ファイヴ・シャドウ/bye bye bad girl』(シングル※AB面ともにアルバム未収録)
  • 1987年 - 『雨の中で僕は/幻の夏』(シングル・第30回ポピュラーソングコンテスト 優秀賞受賞 B面はアルバム未収録)
  • 1987年 - 『ロマンチック』(アルバム)
  • 1987年 - 『アルファベット/ファイト!』(シングル)
  • 1988年 - 『ようこそシネマハウスへ/星空のパイロット』(シングル)
  • 1989年 - 『ドラゴンショック』(ミニアルバム)

プロデュースは、『ファイヴ・シャドウ』~『ロマンチック』までを共同編曲として栗原正己、『アルファベット』、『ようこそシネマハウスへ』までをかしぶち哲郎がそれぞれ担当した。

参加した主なゲーム[編集]

音楽・原画[編集]

原画[編集]

  • はっちゃけあやよさん(※PC98版・OP画面のみ 1989年、HARD
  • 檸檬 〜影絵亭ノスタルジヤ〜(2000年、130cm
  • かなりあ(13cm)
  • いつかの空(2001年、あんく
  • 凌辱看護婦〜地獄責め〜(2003年、凌辱堂)
  • かけた月は戻らない(2006年、CLOCKUP)
  • 個室病室(2006年、アトリエD)
  • でるた!〜おねだり天使とひとつ屋根のした〜(2007年、アトリエかぐや
  • Maria 天使のキスと悪魔の花嫁(2008年、tailwind)
  • ふたりのえりか(2008年、あらも〜ど)
  • ナースのお勉強 応用編〜受けシチュ以外は絶対禁止!〜(2008年アトリエD)
  • ちゅうちゅうナース(2008年、ゆ〜かりそふと)
  • 埼狂痴漢電車 〜7人の獲物達〜(2008年、DMM[7]
  • ふわりコンプレックス※1キャラのみ(2009年、戯画)
  • ポケットラブシリーズ(KID シナリオも担当)※コンシューマ作品

音楽[編集]

出典・脚注[編集]

  1. ^ a b c d アーティスト・インタヴュー~Part 11 手工芸テクノ歌姫、RIKAさん [テクノポップ All About]
  2. ^ 正確にはメトロファルスのライオン・メリーと作ったFM TOWNS用CD-ROM『ドラゴン・ショック』(1989年)が、RIKA名義の最後の音源[1]
  3. ^ ほしのえみこ 『お姉さまの逆襲 1』 第二回
  4. ^ 両者ともにロシア構成主義のデザインを用いている[1]。また後にWindows95向けに『映画監督物語』として続編に近いものが出された。
  5. ^ 発情カルテは諸般の事情により一般販売が取りやめになり通販限定商品になった
  6. ^ 自動車盗防止啓発ポスターについて|松戸市
  7. ^ DMMオリジナルゲーム”. 2011年10月9日閲覧。[リンク切れ]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]