Ł

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
Łł Łł
ラテン文字
  Aa Bb Cc Dd  
Ee Ff Gg Hh Ii Jj
Kk Ll Mm Nn Oo Pp
Qq Rr Ss Tt Uu Vv
  Ww Xx Yy Zz  

Ł, łLクレスカ (kreska) を付した文字で、ポーランド語ラテン文字とともに用いられる。第16字母で、名称は eł (エウ)。カシューブ語ソルブ語ベラルーシ語ラテン文字表記法 (Łacinka) にも用いられる。

両唇軟口蓋接近音 [w] を表す。スラヴ祖語の非硬口蓋化音に由来するため、現在でも L に対応する硬音として扱われ、アナウンサー等は本来の軟口蓋歯茎側面接近音 [ɫ] で発音する。ベラルーシ語では、キリル文字は Л に対応し、歯茎側面接近音 [l] で発音される。

符号位置[編集]

大文字 Unicode JIS X 0213 文字参照 小文字 Unicode JIS X 0213 文字参照 備考
Ł U+0141 1-10-3 Ł
Ł
ł U+0142 1-10-14 ł
ł