Đ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Đđ Đđ
ラテン文字
  Aa Bb Cc Dd  
Ee Ff Gg Hh Ii Jj
Kk Ll Mm Nn Oo Pp
Qq Rr Ss Tt Uu Vv
  Ww Xx Yy Zz  

Đ, đDストローク符号を付した文字で、クロアチア語サーミ語ベトナム語等で使われる。

同形の大文字が数種類あるが、アイスランド語/フェロー語の「Ð」は小文字が「ð」であり、エウェ語の「Ɖ」は小文字が「ɖ」であり、形こそ同じでもそれぞれ別の文字である。Unicodeでも違う文字として扱う。

各言語での役割[編集]

ベトナム語ではđê(デー)またはđờ(ドー)と呼ばれる。音価は[ɗ]歯茎入破音。使用される発音記号ɗはフック付きD)、または[ʔd][d]も自由異音)。カタカナでは普通、ダ行に転写される(一方、ストロークの無いDは、ザ行かヤ行)。

クロアチア語ではđe(ジェ)で、音価は[dʑ]。19世紀にガイ式ラテン・アルファベットに追加された。セルビア語キリル文字ではЂと表記される。カタカナではジャ行音およびチャ行音で転写。

サーミ語の音価は有声歯摩擦音 [ð]

なお、手書き文書などで、大文字のDの縦線部分に小さな横線を重ねて書くことがある。これは本稿におけるĐではなく、DO0などの似た文字との区別をしやすくするためのものである。

文字コード[編集]

大文字 Unicode JIS X 0213 文字参照 小文字 Unicode JIS X 0213 文字参照 備考
Đ U+0110 1-9-39 Đ
Đ
đ U+0111 1-10-48 đ
đ

関連項目[編集]

  • Ɖ(エウェ語)
  • Ð(アイスランド語/フェロー語)
  • D
  • Δ