Đ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Đđ Đđ
ラテン文字
  Aa Bb Cc Dd  
Ee Ff Gg Hh Ii Jj
Kk Ll Mm Nn Oo Pp
Qq Rr Ss Tt Uu Vv
  Ww Xx Yy Zz  

Đ, đはDにストローク符号を付した文字で、クロアチア語サーミ語ベトナム語等で使われる。

同形の大文字が数種類あるが、アイスランド語/フェロー語の「Ð」は小文字が「ð」であり、エウェ語の「Ɖ」は小文字が「ɖ」であり、形こそ同じでもそれぞれ別の文字である。Unicodeでも違う文字として扱うが、JIS X 0213およびJIS X 0212では、JIS規格書によると、大文字の「Ð」は同じコードで扱う。

各言語での役割[編集]

ベトナム語ではđê(デー)またはđờ(ドー)と呼ばれる。音価は[ɗ]歯茎入破音。使用される発音記号ɗはフック付きD)、または[ʔd][d]も自由異音)。カタカナでは普通、ダ行に転写される(一方、ストロークの無いDは、ザ行かヤ行)。

クロアチア語ではđe(ジェ)で、音価は[dʑ]。19世紀にガイ式ラテン・アルファベットに追加された。セルビア語キリル文字ではЂに転写される。カタカナではジャ行音およびチャ行音で転写。

サーミ語の音価は有声歯摩擦音 [ð]

文字コード[編集]

大文字 Unicode JIS X 0213 文字参照 小文字 Unicode JIS X 0213 文字参照 備考
Đ U+0110 1-9-39 Đ
Đ
đ U+0111 1-10-48 đ
đ

関連項目[編集]

  • Ɖ(エウェ語)
  • Ð(アイスランド語/フェロー語)
  • D
  • Δ