RADWIMPS 4〜おかずのごはん〜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
RADWIMPS 4〜おかずのごはん〜
RADWIMPSスタジオ・アルバム
リリース 2006年12月6日
録音 2006年
ジャンル ロック
時間 55分31秒
レーベル 東芝EMI
チャート最高順位
  • 週間5位[1]オリコン
  • 2007年度年間76位(オリコン)
  • 登場回数173回[1](オリコン)
RADWIMPS 年表
RADWIMPS 3〜無人島に持っていき忘れた一枚〜
(2006年)
RADWIMPS 4〜おかずのごはん〜
(2006年)
アルトコロニーの定理
(2009年)
RADWIMPS 4〜おかずのごはん〜 収録の シングル
  1. ふたりごと
    リリース:2006年5月17日
  2. 有心論
    リリース:2006年7月26日
  3. セツナレンサ
    リリース:2006年11月8日
ミュージックビデオ
me me she - YouTube
いいんですか? - YouTube
テンプレートを表示

RADWIMPS 4 〜おかずのごはん〜』(ラッドウインプス・よん おかずのごはん)は、2006年12月6日にリリースされたRADWIMPSのメジャー2枚目、通算4枚目のアルバムである。

背景[編集]

野田曰く「サブタイトルは『大殺界』でもよかった。」、と言うように長年交際している女性との激動の年であり、一時その女性とは不仲になった(しかし現在は復縁済み)。このアルバムはその女性との出来事を大きく反映させている。

野田曰く「これがRADWIMPSだと言えるアルバム。[2]

ミュージックビデオ[編集]

※シングル収録曲は各リンク先を参照。

me me she[編集]

ミュージックビデオ集『RADWIMPS4.5』(2007年2月7日発売)に収録され[3]、2009年6月30日にはYouTubeで公開された[4]

いいんですか?[編集]

ミュージックビデオ集『RADWIMPS4.5』(2007年2月7日発売)に収録され[3]、2009年6月30日にはYouTubeで公開された[5]

楽曲について[編集]

※シングル収録曲は各リンク先も参照。
「遠恋」と「バグッバイ」は2006年夏にレコーディングされた[6]

1.ふたりごと 一生に一度のワープver.

このバージョンは3枚目アルバム『RADWIMPS 3〜無人島に持っていき忘れた一枚〜』制作時から存在していた[7]。また、詞に「今からお前に何話そうかな」というフレーズがあることから、アルバムの1曲目に位置した[7]

2.ギミギミック

ライブツアー『セプテンバーにぃさん』完走後の2週間で、5曲を制作するという切羽詰まった状況下だったからこそ、イントロのリフを生み出せた[8]、と野田は語っている[8]

3.05410-(ん)

「おこして」と読む[8][注 1]

4.me me she

「メ・メ・シィ」と読む[8]
『あなたのことを思ってますよ』と言いながらどこかで一つ自分のことを多く考えてるということは、生きていたらしょうがないということを痛感させられた、と野田は語っている[8]

5.有心論

精神的にピークの時に制作していた、野田は語っている[6]

6.遠恋

「えんれん」と読む[6]
本作の中では珍しく自由に録った楽曲で、遊び感覚的なところが色んなところに詰められている[6]。また武田は、「これでまたRADWIMPSのひとつ幅が広がった」や、「新しい見せ方ができた」と語っている[6]
RADWIMPS史上初のフィクションで、自分が経験していないと納得できないという野田は、「4枚目(のアルバム)だからできたのかもしれない」と言い、自分が遠距離恋愛したらどうするだろうかと考えていたら面白くなってきた、と語っている[9]

8.いいんですか?

詞は1枚目アルバム制作時に既にできていたが、リリースする勇気がなかった、と野田は語っている[10]。しかし、本作制作時には楽しく詞を書き足すことができ、原曲よりも演奏時間がとても長くなった、とも語っている[10]

9.指切りげんまん

本作収録曲の中で最後に録った楽曲で、本作でまだできていない楽曲をやろうと、音入れでは迷走していた[10]。前述のとおり切羽詰まった状態で、リリースが近づいてくるプレッシャーから、野田は脱走した[10]
山口は、本作で一番不思議な楽曲だと評価している[10]

10.傘拍子

「さんびょうし」と読む[10][11]
歌とギターからイメージを膨らまし、曲調が際立つ方向に持っていけて静かな曲になった、と山口は言い、しかし耳新しいとも語っている[10]。ディレクターの指示で、レコーディングは一度で終了した[10]

11.ます。

「ますまる」と読む[11]

12.夢番地

所属事務所の社長の会社名と同じタイトルで、「下手なこと書けないな」と悩んだ、と野田は語っている[12]
本作を制作していく過程で、野田は「歌と音の一体感がすごいあるアルバムだなあ」と感じていて、それをこの楽曲でも出そうとした[12]

13.バグッバイ

本作制作の序盤にできた楽曲[13]
野田が「どっかでひとりで、すごい小さい部屋から無限に広がっていく感じ」をイメージで持っていたことから、和音的なものでない、チェロを入れることになった[13]

シークレットトラック夜泣き

作詞曲:桑原彰
「バグッバイ」終了から約1分10秒後に、バンド初のシークレットトラックとして収録されている。またこの曲はライブで野田が次のアルバムに味噌汁'sの曲を入れると宣言したためにできた曲で、野田以外のメンバーが手がけた楽曲でもある。

パッケージ[編集]

通常盤のみのリリースだが、初回生産分特典として「レシピ付きおかずステッカー」と「シリアルナンバー入りライヴ[注 2]チケット先行抽選予約案内」が付く[14]

ジャケットの写真は4コマになっている。

収録曲[編集]

全作詞・作曲: 野田 洋二郎 (「夜泣き」以外)。

CD[15]
# タイトル 時間
1. ふたりごと 一生に一度のワープver.」 (6thシングル表題曲のアルバムバージョン) 4:46
2. 「ギミギミック」   2:37
3. 「05410-(ん)」   3:08
4. 「me me she」   4:40
5. 有心論(7thシングル表題曲) 4:09
6. 「遠恋」   4:39
7. セツナレンサ(8thシングル表題曲) 3:21
8. 「いいんですか?」   4:06
9. 「指切りげんまん」   4:03
10. 「傘拍子」   4:00
11. 「ます。」   2:14
12. 「夢番地」   4:59
13. 「バグッバイ」 (シークレットトラック:「夜泣き」) 8:49
合計時間:
55:31

脚注[編集]

  1. ^ 日本音楽著作権協会の作品データベース検索サービス(2009年12月20日閲覧)には「オコシテエン」とフリガナが記載。
  2. ^ 「RADWIMPS TOUR 2007 “春巻き”」

出典[編集]

  1. ^ a b 『RADWIMPS 4〜おかずのごはん〜』(オリコン)
  2. ^ 雑誌「ROCKIN'ON JAPAN」2007年1月号 p62
  3. ^ a b 「RADWIMPS4.5」(Billboard JAPAN)
  4. ^ 「me me she」MV(YouTube)
  5. ^ 「いいんですか?」MV(YouTube)
  6. ^ a b c d e 雑誌「ROCKIN'ON JAPAN」2007年1月号 p67
  7. ^ a b 雑誌「ROCKIN'ON JAPAN」2007年1月号 p63
  8. ^ a b c d e 雑誌「ROCKIN'ON JAPAN」2007年1月号 p66
  9. ^ 雑誌「ROCKIN'ON JAPAN」2007年1月号 p68
  10. ^ a b c d e f g h 雑誌「ROCKIN'ON JAPAN」2007年1月号 p69
  11. ^ a b 「作品データベース検索サービス」日本音楽著作権協会、2009年12月20日閲覧。
  12. ^ a b 雑誌「ROCKIN'ON JAPAN」2007年1月号 p70
  13. ^ a b 雑誌「ROCKIN'ON JAPAN」2007年1月号 p71
  14. ^ RADWIMPS ニュー・アルバムを引っ提げ、春のツアーが決定!(ANAP ENTERTAINMENT NEWS・2006年11月28日)
  15. ^ 『RADWIMPS4 ~おかずのごはん~』(楽天ブックス)