Paint.NET

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Paint.NET
Pdn3.5.png
Paint.NET バージョン 3.5 のウィンドウ
開発元 dotPDN LLC
最新版

3.5.11 - 2013年08月17日(7か月前) (2013-08-17

[±]
対応OS Microsoft Windows
種別 グラフィックソフトウェア
ライセンス MIT License / フリーウェア
公式サイト www.getpaint.net (英語)
テンプレートを表示

Paint.NET(ペイントドットネット)は、.NET Frameworkで動作するグラフィックソフトウェアである。このソフトウェアはMicrosoft Windows用にワシントン州立大学 (WSU) のプロジェクトとして始まり、マイクロソフトの指導と共に開発された。Paint.NET は基本的にC#言語で開発されているが、インストーラや一部にC++言語が使われている。

主要開発者2名はマイクロソフトに採用されている[1]

歴史[編集]

詳細は公式サイトにおけるロードマップも参照されたい。

タイムライン[編集]

  • バージョン 1.0 (公開日:2004年3月6日):
    • WSU 開発者:Rick Brewster、Brandon Ortiz、Chris Trevino、Luke Walker
    • WSU 指揮者:Jack Hagemeister
    • Microsoft スポンサー:Ivan Lumala
    • Microsoft 指導者:Kerry Hammil
  • バージョン 1.1 (公開日:2004年10月1日):
    • Microsoft 指導者、開発者:Rick Brewster
    • WSU テスタ、文献作成:Tom Jackson、Michael Kelsey、Craig Taylor
  • バージョン 2.0 (公開日:2004年12月17日):
    • WSU 開発者:Tom Jackson、Michael Kelsey、Craig Taylor
    • WSU 指揮者:Jack Hagemeister
    • Microsoft 指導者:Rick Brewster
    • 効果:Chris Crosetto
    • テスト:WSU's Computer Science 422 Fall 2004 Students
  • バージョン 2.1 (公開日:2005年4月30日):
    • 開発者:Rick Brewster、Tom Jackson、Craig Taylor
    • ホームページのデザイン:Luke Walker
  • バージョン 2.5 (公開日:2005年11月26日
    • 開発者:Rick Brewster、Tom Jackson.
  • バージョン 2.6 (公開日:2006年2月24日) - このバージョンより.NET Framework 2.0が必要となる。
    • v2.61 (公開日:2006年3月29日) -- バグの修正
    • v2.62 (公開日:2006年5月10日) -- バグの修正
    • v2.63 (公開日:2006年6月4日) -- バグの修正
    • v2.64 (公開日:2006年7月8日) -- バグの修正
  • バージョン 2.70 (公開日:2006年8月2日
    • システムの必要環境の変更、プラグインの更新
    • v2.72 (公開日:2006年8月31日) -- 新しい効果の追加とバグの修正
  • バージョン 3.0 (公開日:2007年1月26日) - これよりWindows 2000が対応OSから外れる
    • タブの追加
    • カラーパレットの追加
    • グラデーションの追加
    • 「レイヤーを統合する」機能の追加
    • 効果の追加
    • 新たに6つの言語を追加
    • v3.01 (公開日:2007年2月26日) -- バグの修正
    • v3.05 (公開日:2007年3月29日)-- 新しい効果の追加とユーザーインターフェースの改良、バグの修正
    • v3.07 (公開日:2007年5月8日) -- 直線・曲線ツールの機能を拡張、ダウンロードサイズの縮小、Windows Vistaでファイルを開く・保存に関するバグを修正
    • v3.08 (公開日:2007年6月1日) -- バグの修正と一部のダイアログでキーボードでのアクセシビリティを改良
  • バージョン 3.10 (公開日:2007年8月23日) -- ポートレイトのぼかしとインクスケッチ効果の追加、DDSファイルのサポート、パフォーマンスの改良、ブラシ幅を500ピクセルまでに拡大、レイヤーを追加・移動・削除する場合の動作を変更、バグの修正
  • バージョン 3.20 (公開日:2007年12月12日
  • バージョン 3.30 (公開日:2008年4月10日

外部リンク[編集]

  1. ^ ZDNet Japan (2009年10月). “厳選!マイクロソフトのフリーソフト10傑” (日本語). 2012年3月30日閲覧。