CinePaint

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
CinePaint
CinePaint 0.22.png
Fedora 14 で動作する CinePaint 0.22
最新版 1.0 / 2011年11月30日
対応OS クロスプラットフォーム
種別 グラフィックス
ライセンス GNU General Public License
公式サイト www.cinepaint.org
テンプレートを表示

CinePaint(シネペイント)は映画のフレームをペイント・レタッチするためのコンピュータ・プログラムである。

GIMP(GNU Image Manipulation Program)のバージョン1.0.4のフォークである[1]。旧名称はFilmGIMPであったが、2008年にプロジェクト名をCinePaintに改めた[1]。なお、CinePaintはラスター画像編集ソフトウェアであってビデオ編集ソフトウェアではない。ライセンスはGPLv2

16ビットおよび32ビットの浮動小数点チャネル(64ビットRGBAおよび128ビットRGBA)の色深度に対応し[1]、またCineonDPXOpenEXRなどの多くの画像フォーマットにも対応している。

バージョン1.0公開時点ではLinux版のみ対応だが[1]、旧バージョンでは他にBSDUnix系OS、Mac OS X、SGI IRIXに対応したものが入手可能だった。Windows版のサポートは現在破綻している。

対応する画像フォーマット[編集]

映画での使用例[編集]

旧名称のFilmGIMP当時に、以下の映画で使用された。

主な競合製品はAdobe Photoshopである。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 高色深度の画像に対応した画像レタッチソフトウェア「CinePaint 1.0」リリース”. SourceForge.jp Magazine (2011年12月1日). 2011年12月3日閲覧。

外部リンク[編集]