Microsoft Office Picture Manager

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

Microsoft Office Picture Manager (まいくろそふと おふぃす ぴくちゃーまねーじゃー)は、マイクロソフトが販売するオフィススイートであるMicrosoft Office 2003、2007および2010 に標準で搭載している画像管理ソフトウェア。Microsoft Office XP以前に標準で搭載されていたMicrosoft Photo Editorの代わりに搭載されたソフトウェアといわれるが、Photo Editorで使用できた編集機能の大部分が削除された。代わりに、画像を管理する機能や共有機能が追加され、画像編集を目的としたソフトウェアというよりも画像データを管理するためのソフトウェアとしての側面が重視されている。

Office 2013では廃止された。基本的な機能はWindows Live フォト ギャラリーで置き換えとされている[1]

概要[編集]

Picture Managerでは、画像の明暗を調整したり、トリミング、回転と反転、赤目修正、といった基本的な画像編集や、登録しているフォルダ内のサムネイル表示が可能である。Microsoft Officeアプリケーションと密接に関係しているため、補正した画像をWordExcelで作成したデータ内に貼り付けることもできる。

しかし、Microsoft Photo Editorでは可能であったスキャナデジタルカメラからの新しい画像の取り込み、ガンマ値の調整機能、画像イメージを透明にするなどの編集機能の大部分が削除された。他方でPicture Managerには、画像のある場所をショートカットで追加することができるという画像管理機能、ワークグループ内での画像共有や共有画像ライブラリの作成といった共有機能が追加された。

関連項目[編集]

参考資料[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Office 2013での変更点”. 2013年5月22日閲覧。

外部リンク[編集]