ショートカットキー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ショートカットキーキーボードショートカット、もしくはホットキーとも言う)とはコンピュータの特定の機能を動作させるために押すキーである。

マウスでコンピュータの画面上の特定の位置をクリックして特定の機能を実行するのと同等。

マウス使用の得手、不得手の度合い、ショートカットキーを暗記している度合いによるが場合によってはショートカットキーを使うほうが手軽に特定の機能を実行することができる。

マウスとショートカットキーの比較[編集]

マウスの利点、欠点[編集]

マウスの利点[編集]

マウスの欠点[編集]

  • 画面上に表示されている(クリック位置の)機能しか実行できない。
  • マウスポインタの位置を合わせるためのマウスの移動は、手を動かす量が比較的多い。

ショートカットキーの利点、欠点[編集]

ショートカットキーの利点[編集]

  • マウスでのクリックと比べ、機能の実行が短時間で可能な場合が多い。
  • キーボードで入力しながらポインティングデバイスに手を移動させる必要がない。

ショートカットキーの欠点[編集]

  • 機能に対応するキーを覚えておかなければならない(コピーの場合はCtrl+Cなど)。
  • ツールによってコマンドが異なる場合がある。
  • ショートカットキーに割り当てられている機能しか実行できない。
  • 一つのキーに複数の機能が割り当てられてしまったりする場合がある。

関連項目[編集]