ImageMagick

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ImageMagick
Imagemagick-logo.png
開発元 ImageMagick Studio LLC
最新版 6.8.8-3 / 2014年01月27日(6か月前) (2014-01-27
プログラミング言語 C言語
対応OS FreeBSD, Linux, Mac OS X, Windows, OS/2
プラットフォーム クロスプラットフォーム
サポート状況 開発中
種別 グラフィックソフトウェア
ライセンス ImageMagick License
公式サイト http://www.imagemagick.org/
テンプレートを表示

ImageMagick(イメージマジック)は画像を操作したり表示したりするためのソフトウェアスイートである。GIFJPEGJPEG 2000PNGPDFPhoto CDTIFFDPXなど100種類以上の画像ファイルフォーマットに対応している[1]GPL互換でより制限が緩い独自ライセンスが適用されている[2]

利用方法[編集]

ImageMagick はコマンドラインから利用する方法と、他のプログラムから呼び出して使う方法がある。

コマンドラインからの利用方法[編集]

ImageMagickは多数のコマンドラインツールを含んでおり、バッチ処理などでGUIを使わずに画像処理したい場合に有用である[3]

  • 画像を表示 - display input_file
  • スクリーンショット - import [ options ... ] output file
  • 画像変換 - convert [ options ... ] input_file output_file
    • (例) convert -delay 100 -loop 0 magick[1-2].gif magick-anime.gif

プログラムからの利用方法[編集]

ImageMagick は様々な言語から利用できる。以下に言語ごとの実装を示す[4]

言語ごとの実装
言語 実装名
Ada G2F
C言語 MagickCore
MagickWand
Ch ChMagick
COM+ ImageMagickObject
C++ Magick++
Java JMagick
Lisp L-Magick
LabVIEW LVOOP ImageMagick
Neko/haXe NMagick
.NET MagickNet
Pascal PascalMagick
Perl PerlMagick
PHP MagickWand for PHP
IMagick
Python PythonMagick
REALbasic MBS Realbasic ImageMagick
Ruby RMagick
Tcl/Tk TclMagick
XML-RPC RemoteMagick

出典[編集]

  1. ^ ImageMagick: Formats
  2. ^ ImageMagick: License
  3. ^ ImageMagick: Command-line Tools
  4. ^ ImageMagick: Application Program Interfaces

外部リンク[編集]

  • ImageMagick (英語) - プロジェクトの公式サイト