NAG数値計算ライブラリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

NAG ライブラリは、Numerical Algorithms Group(NAG社)により販売されているFortranC言語Java、などで使用可能な数値計算統計解析ライブラリである。線型方程式、固有値問題、補間微積分、非線型方程式、微分方程式などの数学関数のほかに、相関係数共分散多変量解析乱数発生などの統計計算や金融工学に必要な関数を多く取り揃えている。WindowsLinuxSolarisHP-UXIBM AIXSGI IRIX, その他NEC富士通スーパーコンピュータなどのプラットフォームで動作する。英国 The Numerical Algorithms Group Ltd. が開発、日本国内では日本ニューメリカルアルゴリズムズグループ株式会社が販売、サポートを行なっている。 NAG数値計算ライブラリでは利用言語や環境などにより以下の5種類のライブラリが用意されている。

  1. 「NAG Fortran Library」:すでに40年以上の歴史を持ち1700以上の関数より構成される。(※最新バージョンMark24)
  2. 「NAG C Library」:C/C++言語の他、C#、VBA、Java等より利用可能(最新バージョン Mark24)
  3. 「NAG Library for SMP & Multicore」:(並列計算ライブラリとしてSMP環境用並列ライブラリ)(最新バージョンMark24)
  4. 「NAG Parallel Library」:(PCクラスタなどの分散メモリ環境用並列計算ライブラリ)

また各ライブラリのルーチンを組み込んだソフトウェアを販売できるコンポ-ネントライセンスも提供されている。

他のソフトウェアとの連携もはらかれており、2007年には数式処理ソフトウエア Maple に NAG C library の使用を可能にするコネクター Maple-NAGConnector[1] が発売され、 また MATLAB のための NAG Toolbox for MATLAB[2]

提供される関数[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Maple-NAGConnector 製品紹介ページ
  2. ^ NAG Toolbox for MATLAB 製品紹介ページ

関連項目[編集]

外部リンク[編集]