Mk 71 8インチ砲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Mk.71 55口径8インチ単装砲
USS Hull (DD-945) testing Mk71 8 inch gun.jpg
「ハル」(DD-945)に搭載された試作砲。
種類 艦砲
原開発国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
運用史
配備期間 試作のみ
配備先 アメリカ合衆国の旗アメリカ海軍
開発史
開発者 NSWCDD
開発期間 1975年
諸元
重量 78,425 kg (172,895 lbs.)
(即応弾含む)
銃身 55口径長 (440インチ; 11.176 m)
要員数 6

口径 8 in (203 mm)
砲身 55口径長 (440インチ; 11.176 m)
仰角 +65 / -5 °
俯仰速度: 20°/秒
旋回角 +160 / -160°
旋回速度: 30°/秒
発射速度 12発/分(最大)
6発/分(誘導砲弾使用時)
有効射程 29,260 m (32,000ヤード)
装填方式 即応弾: 75発

Mk.71 55口径長8インチ砲英語: 8"/55 caliber Mark 71 gun)は、アメリカ海軍が開発していた艦載砲システム。大口径による強力な対地火力を期待されたが、予算上の問題のために配備には至らなかった。

来歴[編集]

第二次世界大戦後、水上戦闘艦は対空・対潜任務を重視するようになり、艦砲射撃に有利な大口径砲を搭載した艦が新造されることはなくなった。しかし、大口径砲搭載の大戦型巡洋艦は就役を継続していたことから、対地火力投射任務にはこれらの艦が充当されており、朝鮮戦争ベトナム戦争においては大きな成果をあげた。

しかし1970年代に入って、これらの大口径砲搭載の巡洋艦が退役を開始した。8インチ砲搭載のボストン級ミサイル巡洋艦は1970年にそろって退役、デモイン級重巡洋艦は1975年までに退役し、6インチ砲搭載のプロビデンス級ミサイル巡洋艦も1974年までに、ガルベストン級ミサイル巡洋艦は1979年までに退役した。

ベトナム戦争において大口径砲の対地火力投射能力を再確認したアメリカ海軍は、これらの大戦型巡洋艦の退役を見越して、1965年より、駆逐艦級の艦艇に搭載できる大口径砲の開発を開始していた。当初は陸軍M113 175mmカノン砲の派生型を計画していたが、結局は艦載用として新たに203mm砲を開発することとなった。

開発はFMC社によって行なわれ、プロトタイプは1969年に完成し、NSWCでの陸上試験が開始された。

機構[編集]

本砲システムは、新しい軽量な8インチ砲と、砲塔などの付随的システムによって構成される自動砲システムである。

8インチ砲は55口径長で、デモイン級に搭載されたMk.16 8インチ砲と同じ砲身長である。ただし、重量はMk.16の半分程度にまで軽量化された。

砲塔も、Mk.16が装甲板を備えた大重量のものであったのに対し、アルミ合金製の軽量のものとなっている。砲塔の形状は基本的に円錐形だが、後方には砲尾部を収容する突出部がある。砲塔内には通常は人員は配置されないが、円錐部両側後方部にはメンテナンス・ハッチが設けられている。

砲塔下方には直径4.2メートルの弾薬ドラムが設置されており、ここに75発の即応弾が収容される。弾薬ドラムへの弾薬の装填は4名の給弾手により人力で行なわれるが、弾薬から砲への装填は完全自動式である。なお、使用される弾薬は半固定式である。

計画の中止[編集]

1975年よりフォレスト・シャーマン級駆逐艦ハル (DD-945)」での洋上試験が開始され、Mk.42 5インチ単装速射砲にかえてMk.71 8インチ単装砲が搭載された。射撃指揮装置としては、従来Mk.42砲において使用されてきたMk.68に、Mk.155弾道計算コンピュータを付加して使用した。

アメリカ海軍は、この洋上試験で本砲システムの有効性を確認し、1977年予算において40基の調達を計画した。しかし米会計監査院(GAO)は命中精度を問題視し、また40基で7億1,800万ドルという巨額な予算を要することもあって、1979年に入って海軍は調達を断念した。

参考文献[編集]