KDDIスーパーワールドカード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

KDDIスーパーワールドカード(ケイディーディーアイスーパーワールドカード)とは、KDDIが発売する国内・国際電話プリペイドカードである。後述する@ca(エーカ)は、電子マネーのプリペイドカードとしての側面もある。

本カード使用による日本国内の固定電話発着(公衆電話も含む)の通話料金は「全国一律に6秒ごとに2.05円」である。プリペイドカードでは小数第2位まで課金が認められている、円単位の課金では6秒2円となってしまい(課金単位ごとに円未満切り捨て)、消費税を1円も徴収できずに会社負担になってしまうため、小数第2位までの課金を認めた。長距離通話ではNTT東日本NTT西日本の公衆電話料金よりも格段に安く、また市内通話でも短時間(24秒以内)なら同様である。しかしダイヤルする総桁数が膨大になることや、携帯電話等の普及によりあまり知られていない。また最近のピンク電話では本カードを利用できないものも増えつつある(最初の「00」をダイヤルした時点で「この番号にはかけられません」などと表示され拒否される)。

種類[編集]

  • 500円カード=500円分
  • 1000円カード=1050円分
  • 3000円カード=3200円分
  • 5000円カード=5350円分
  • 7000円カード=7850円分

カードの使用方法[編集]

カード番号を使用時毎に入力する。電話機にカード番号を記憶させて、カード番号の入力を省略することも可能。

携帯電話・PHSからの場合に0077-78-0055をつける方法は2008年3月28日をもって終了した。現在では、ひかり電話・直収電話・ブラステルFLIPおよびクラウドフォンおよびSIPフォン(海外で利用する場合も含む)場合は0800-800-0055を付ける。

電話[編集]

日本→海外(船舶)[編集]

0055 - 81# - カード番号 - # - 国番号 - 市外局番(一部の国を除き最初の0を外す)- 相手先電話番号 - #

  • iPhone・スマートフォン等スカイプのアプリが入っている場合はそのアプリから+18775330051、一部通話できない相手国がある。
  • 3秒以内の通話は無料である。

海外→日本[編集]

KDDIスーパージャパンダイレクト番号(アクセス番号)- 81# - カード番号 - # - 日本の市外局番(0から)- 相手先電話番号 - #

  • ブラステルクラウドフォンおよびFLIPから0800-080-0055(固定電話宛てのみ)
  • 3秒以内の通話は無料である。
  • KDDIスーパージャパンダイレクト番号は、滞在国によって異なる。

海外→海外[編集]

KDDIスーパージャパンダイレクト番号(アクセス番号)- 81# - カード番号 - # - 001 - 国番号 - 市外局番(一部の国を除き最初の0を外す)- 相手先電話番号 - #

  • 料金は、A国から日本までの固定電話宛ての料金に0.6を乗じた金額と、日本からB国までの固定電話発の料金に0.6を乗じた金額との合計である。
  • 3秒以内の通話は無料である。
  • KDDIスーパージャパンダイレクト番号は、滞在国によって異なる。

日本→日本[編集]

0055 - 81# - カード番号 - # - 日本の市外局番(0から)- 相手先電話番号 - #

スーパーワールドカード プラステキスト[編集]

上記の国際通話に加え、SMS(海外携帯メール、国際ショートメッセージサービス)の送受信を日本の携帯電話のEメール(電子メール)機能を使って行うことができる。auの携帯電話はSMSの送受信には対応していないが、このプリペイドカードを使って国際SMS発信が可能であり、他社の同サービスが105円/回となるのと比べて、約53円/回(1050円で20回)であり、コストパフォーマンスに優れる。このSMS送受信サービスの名称は「スーパーテキスト」という。

2008年9月30日、サービス終了。

国際SMS発信の方法[編集]

  • 宛先 国番号 + 0を除いた相手先番号 @stxt.jp
  • 件名 (空白)
  • 本文 半角英数字(160文字まで:SMSの仕様による)
    • 事前に設定が必要である。

スーパーワールドカード @ca[編集]

KDDIスーパーワールドカード @ca(エーカ)は、国際通話に加え、プリペイドの金額をインターネットショッピング決済に使えるもので、実質的に電子マネーの側面もある。2001年9月に開始された。

2008年9月30日、サービス終了。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]