Help:検索

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ようこそ - ガイドブック - チュートリアル - 早見表 - FAQ - ヘルプ - 用語集 - 利用案内 - 質問

このページはメタウィキメディアヘルプ文書のコピーを(一部)もとにしています。


閲覧する
検索(表示ボタン)
記事とは何か
脚注の使い方
音声・動画の再生
ファイルの説明ページ
リンク元の検出
特別な機能をもったページ
印刷用バージョン
適応するブラウザ
ページの変更を追う
最近更新したページ(拡張版)
関連ページの更新状況
ウォッチリスト
履歴差分の表示
利用者の投稿記録
ナビゲーション・ポップアップ
フィードの利用
アカウント
ログインの仕方
個人設定
システムメッセージ
外装の詳細設定
ヘルプの目次へ

ここではウィキペディアの検索機能について解説しています。

ウィキペディアでは、現在、検索用に Lucene-search というMediaWikiの拡張機能を利用しています。この拡張機能は活発に更新されているため、一時的に不具合を生じることや、このページの内容が古くなっている場合がありますのでご了承ください。

なお、日本語の形態素解析に対応していないので、日本語検索の精度があまり高くありません。検索がうまくいかない場合には、外部の検索エンジンの利用をご検討ください。また、ページを更新してから検索用のインデックスが作成されるまでには多少時間がかかりますので、追加したばかりの文章は検索の対象になりません。これは外部の検索エンジンも同様です。

2つのボタン

「検索」ボックス

ウィキペディアの検索には「表示」「検索」の2種類が用意されています。

表示」は項目名(記事名)を検索し、合致する項目名があれば記事の内容が即座に表示されます。合致する項目名がない場合には自動的に以下の「検索」に進みます。詳しくはHelp:表示ボタンをご覧ください。

検索」は項目名のみならず記事本文についても全文検索し、本文や項目名が検索文字列に類似している項目の一覧が表示されます。

検索のヒント

単語に区切る

ウィキペディアの検索では、検索語の全てを含むページを検索します。日本語の形態素解析ができないため、分かち書きをしていない部分は一つのまとまった検索語として認識されます。半角スペースで単語を区切ると各単語が含まれるページがヒットします(AND検索)。

ワイルドカード

ワイルドカードとしては、検索語末に "*" が使用できます。"boat"か"boats"を含む記事を検索したいときには、"boat*"と入力してください。

大文字と小文字の区別はされない

検索機能では大文字小文字を区別しません。"fortran" "Fortran" "FORTRAN"は全て同じ結果を返します。

ソースが検索される

「ページを編集」したときに出てくるソーステキストが検索の対象になります。これは、パイプを使ったリンク、他言語へのリンク(中国語へのリンクを検索するときには"中文"ではなく"zh")、実体参照などの時に違いとなって表れます。

実体参照を使用している場合、生成結果ではなく、編集ソースの実体参照で検索する必要があります。例えば Odiliënberg を検索したいとき、ëが編集ソースで ë を使用していれば"Odilienberg" "Odiliënberg"で検索できますが、編集ソース中で "ë" と保存されているならば、検索結果にリストされません。これは将来解消されるべきバグです。Help:特殊文字も参照してください。

正規表現は使えない

正規表現は使えません。

引用符の扱い

シングルクォートを含む文字列は、シングルクォートをつけて検索しないとヒットしません。このため、記事中ではダブルクォートを使うことが推奨されています。ダブルクォートではこの問題は発生しません。詳しくはスタイルマニュアルを参照してください。

アポストロフィはシングルクォートとは別ですから、Mu'ammarと入れれば正しくヒットしますし、そうでない形 ("Mu"など) ではヒットしません。アポストロフィー+s( 's )は特別で、これが付いた単語は、付いてない形で検索してもヒットします。

指定しない場合は記事だけが検索の対象

初期設定のままの場合、検索は通常名前空間のみに適用されます。通常名前空間には百科事典の記事が含まれます。他の名前空間を検索対象に含めるには、検索結果の下に出る「名前空間を指定して検索:」の各名前空間のチェックボックスを適宜チェックして検索してください。ログインユーザは個人設定で設定することができます(個人設定)。

限界

必ずしも、ページに含まれている語がヒットする訳ではありせん。

2012年12月現在の例では、Wikipedia:記事名の付け方/君主の記事名には「パイプ1本」の語が含まれます。"パイプ1本" prefix:Wikipedia:記事名の付け方/君主の記事名で検索すると、このページは正しくヒットします。(prefix:甲乙丙は、検索対象を、ページ名が「甲乙丙」で始まるページに絞ります。) しかし、検索語句を引用符に入れずにパイプ1本 prefix:Wikipedia:記事名の付け方/君主の記事名で検索しても、その語を含むページはない、という結果になってしまいます。

外部の検索エンジンを使用してウィキペディアを検索する

プルダウンメニューを使用する

外部の検索エンジンの使い方

以下の方法で、GoogleやYahoo!などの外部の検索エンジンを用いてウィキペディア日本語版内を検索できます。

  1. 「検索」ボックスの虫眼鏡マークを押す
  2. 表示された検索ボックスにキーワード入力後、使いたい検索エンジンを選択し、検索ボタンを押す

詳しくは右図を参照してください。2013年4月現在、利用可能な検索エンジンは以下の7つです。

  1. AltaVista
  2. goo
  3. GoodSearch
  4. Google
  5. Wikiwix
  6. Windows Live
  7. Yahoo!Japan

一般に、外部の検索エンジンの方がMediaWiki内蔵の検索機能より高機能です。特に日本語の検索や曖昧検索に関してはMediaWikiの検索機能より外部の検索エンジンの方が検索精度が高いです。

Google

下記のリンクを使用することで、Googleの検索エンジンをウィキペディアの検索に使用できます。Googleはウィキペディアのストップ・ワードやネームスペースを無視しますし、複数言語を同時に検索することもできます。検索結果はブラウザに表れるテキストによります。ウィキペディアの編集ページに出てくるソースではありません。

Googleはインデックスを随時更新しますが、その期間の長さは不確定です。数分で更新される事もあれば、一ヶ月後に更新される事もあります。検索結果はその時の内容に従います。

LuMriX

下記のリンクを使用することで、LuMriX の検索エンジンをウィキペディアの検索に使用できます。LuMriXはウィキペディアのストップ・ワードやネームスペースを無視します。LuMriX は索引を毎日更新します。

他にも、ドメイン指定で検索できる検索エンジンで、「ja.wikipedia.org」内を検索すれば検索できます。

ブラウザにウィキペディアの検索機能をつける

Googleツールバー

Googleツールバーの「ツールバーにボタンを追加」をクリックし、Wikipediaと検索すると、ウィキペディア フリー百科事典 と表示されます。右側のツールバーにボタンを追加ボタンをクリックすれば追加できます。利用には、Googleツールバーが必要です。こちらからダウンロードしてください。ここから登録も可能です。

Internet Explorer (7以降)

右上の検索ボックスから、"追加の検索プロバイダを検索"を選び、表示されたWebページのトピック検索の場所にある"Wikipedia"をクリック。後はダイアログの指示に従うだけです。

Mozilla

MozillaNetscape 6以上には、サイドバーで検索エンジンにアクセスする検索プラグインがあります。Mycroft projectから、ウィキペディア用の検索プラグインを自動的にインストールできます。

Mozilla Firefox

Mozilla Firefoxでは検索バー用のプラグインが[1]で配布されています。また、スマートキーワードを用いて簡単に検索をすることができます。例えば、ウィキペディア日本語版をwpと登録すると wp 北海道 とアドレスバーに直接入力することでウィキペディアを検索できます。登録は検索ボックスの上で右クリックするだけです。詳細は[2]をご覧ください。

Opera

各バージョンにおける概要

Operaでは、バージョンによって、検索エンジンの追加方法が異なります。

Opera 6 から 8 では、search.iniというカスタマイズ可能なテキストファイルがあります。このファイルを、テキストエディターで編集する事で、カスタマイズできます。search.iniは、アドレスバーに「opera:about」と入力したOperaディレクトリ上にあります。このファイルはOperaが起動していないときにのみ編集できます。下記の例はあらかじめ定義された検索エンジンを置き換えます。ショートカットキーとアクセラレータの競合については、ユーザそれぞれが適宜回避するようにしてください。

Opera 9 では、新たに「サーチエンジンエディタ」と言う機能が、追加されました。それにより、search.ini をテキストエディタで編集することなく、検索エンジンの追加や削除、編集ができるようになりました。

各バージョンの検索エンジンの追加方法の詳細については、下記をご覧下さい。また、Opera 6 から 8 に関しては、「注意点」もご覧下さい。ちなみに、Opera 7 から 9 では、テキストを選択して右クリックをし、コンテキストメニュー中にある「百科事典」と言う項目を選択しても、Wikipediaで検索する事ができます。

Opera 6 から 8 までの注意点

  • search.iniのバックアップをとるのを忘れないようにしてください。
  • UTF-8対応でBOMを付けずに保存できるテキストエディタを使用してください。Windowsメモ帳はBOMを付けずに保存することができません。
  • 下記の設定では、「表示」ボタンを押した場合と同じ動作をします。「表示」ボタンを押した場合の動作を望むならば、"URL="の一番最後に「&fulltext=1」を書き加えて下さい。
  • Positionはパーソナルバーにおける場所を指定します。0にすれば一番最初に、-1にすれば無効化します。
  • Opera 7 と 8 では、Keyの欄にアルファベット一文字を入力して下さい。(ただし、キーのアルファベットは被らないようにして下さい。)これによりネットサーチ及びアドレスバーからの検索が出来ます。

Opera 6 の場合

[Search Engine 12]
Name=&Wikipedia
URL=http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=Special:Search&search=%s
Query=
Key=w
Is post=0
Has endseparator=0
Encoding=utf-8
Search Type=51
Verbtext=17063
Position=6
Nameid=0

Opera 7.23 の場合

[Search Engine 19]
Name=Wikipedia
URL=http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=Special:Search&search=%s
Query=
Key=w
Is post=0
Has endseparator=0
Encoding=utf-8
Search Type=51
Verbtext=17063
Position=-1
Nameid=0

Opera 8 の場合

[Search Engine 3]
Name=&Wikipedia
URL=http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=Special%3ASearch&search=%s&fulltext=%E6%A4%9C%E7%B4%A2
Query=
Key=w
Is post=0
Has endseparator=0
Encoding=UTF-8
Search Type=41
Verbtext=17063
Nameid=0
Position=1

Opera 9 の場合

Opera 9 では、このページの左側、検索フィールドの「テキストボックス(検索したい単語や文章を入れる所:分からない場合はこのページ内の画像「検索ボックス」で赤く囲まれている部分を見よ)」上で右クリックして、「検索の作成」 を選択します。「キー」に、短い単語(一文字でも、日本語でも、アルファベットでも可。ただし、他の検索エンジンと同じものは不可。)を入力し、「OK」をクリックすると、検索エンジンに追加する事ができます。

Opera 10.6 の場合

Opera 10.6以降では検索候補を表示できるようになりました。ただし、検索候補の設定を追加・変更する場合serch.iniを直接編集する必要があります。

[Search Engine 7]
UNIQUEID=AE41FF7A5FC011DDAE47DBEF55D89593
Name=Wikipedia
URL=http://ja.wikipedia.org/wiki/Special:Search?search=%s
ICON=http://redir.opera.com/favicons/wikipedia/favicon.ico
Suggest Protocol=JSON 
Suggest URL=http://ja.wikipedia.org/w/api.php?action=opensearch&search={SearchTerm}&format=json 
Query=
Key=w
Is post=0
Has endseparator=0
Encoding=utf-8
Search Type=0
Verbtext=0
Position=-1

更に詳細な情報(外部リンク)

関連ページ

これらのページも検索の役に立つでしょう。

外部リンク