ヤコブ・ニールセン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヤコブ・ニールセン

ヤコブ・ニールセンJakob Nielsen, Ph.D.1957年 - )は、デンマーク出身のアメリカ工学博士。主にウェブサイトにおける、ユーザビリティ(使いやすさ)研究の第一人者。

経歴[編集]

コペンハーゲンに生まれ、デンマーク工科大学を卒業。ベル研究所IBMでの研究を経て、1994年から1998年までサン・マイクロシステムズに勤め、ユーザビリティの分野で発明を行う。1995年から自身のウェブサイト「useit.com」にてユーザビリティについてのコラム「Alertbox」を公開した。

1998年、ドナルド・ノーマンと共にニールセン・ノーマン・グループを設立。代表となる。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

参考[編集]