102 (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
102
102 Dalmatians
監督 ケヴィン・リマ
脚本 クリステン・バックリー
ブライアン・リーガン
ボブ・ツディカー
ノニ・ホワイト
製作 エドワード・S・フェルドマン
出演者 グレン・クローズ
音楽 デヴィッド・ニューマン
撮影 エイドリアン・ビドル
編集 グレゴリー・パーラー
配給 ブエナ・ビスタ
公開 アメリカ合衆国の旗 2000年11月22日
日本の旗 2001年3月10日
上映時間 100分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $85,000,000[1]
興行収入 $183,611,771[1] 世界の旗
$66,957,026[1] アメリカ合衆国の旗
前作 101
テンプレートを表示

102』(ワンオーツー、原題:102 Dalmatians)は、2001年制作のアメリカ映画。『101』の続編。ストーリーはオリジナル。

日本では2001年3月10日より日劇プラザ(現・TOHOシネマズ日劇スクリーン3)ほか全国ロードショー。同年9月19日DVDが発売されている。

ストーリー[編集]

『101』の舞台から4年後、クルエラ・デ・ビルが仮出獄する。心理操作で愛犬家になるが、この治療には大きな欠陥があった。一方、クルエラの保護観察官クロエが飼っている3匹の子ダルメシアンの一匹、オッド・ボール(♀)は、ダルメシアンなのだが1つもブチがなかった。親兄弟と違う自分に気づき、コンプレックスを持つが…

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
クルエラ・デ・ビル グレン・クローズ 山田邦子
ジャン=ピエール・ルペル ジェラール・ドパルデュー 玄田哲章
ケヴィン・シェパード ヨアン・グリフィズ 藤原啓治
クロエ・サイモン アリス・エヴァンス 田中敦子
アロンゾ ティム・マッキナリー 塚田正昭
イワン ベン・クロンプトン 檀臣幸
ワドルスワース(声) エリック・アイドル 島田敏
トート イアン・リチャードソン 大木民夫

※その他の日本語吹き替え:青野武糸博翠準子石森達幸津田英三長島雄一磯辺万沙子河野智之岩本裕美子

スタッフ[編集]

  • 脚本:クリステン・バックリー、ブライアン・レーガン、ボブ・ズディッガー、ノニ・ホワイト
  • 原案:クリステン・バックリー、ブライアン・レーガン
  • 監督:ケヴィン・リマ
  • 製作:エドワード・S・フェルドマン
  • 原作:ドディー・スミス
  • 撮影:エイドリアン・ビドル
  • プロダクションデザイン:アッシュトン・ゴードン
  • 編集:グレゴリー・パーラー
  • ビジュアル・エフェクト・スーパーバイザー:ジム・ライジェル
  • 衣裳デザイン:アンソニー・パウエル
  • 音楽:デビッド・ニューマン
  • 共同制作:ポール・タッカー、パトリシア・カー

日本語版制作スタッフ[編集]

その他[編集]

  • Thunderpuss Feat. Jocelyn Enriquez - So Fabulous So Fierce (Freak Out)

脚注[編集]

  1. ^ a b c 102 Dalmatians (2000)” (英語). Box Office Mojo. 2010年4月27日閲覧。

外部リンク[編集]