ボーダー・テリア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ボーダー・テリア
Border-terrier-bitch.jpg
英語名
Border Terrier
別称
原産国(原産地)
イギリス( - )
各国団体のグループ分類
FCI: Group 3 Section 1 #9
JKC(日): 第3グループ
AKC(米): Terrier
ANKC(豪): Group 2 (Terriers)
CKC(加): Group 4 (Terriers)
KC(UK)(英): Terrier
NZKC: Terrier
UKC(米): Terriers
各国団体のスタンダード (外部リンク)
AKC

ボーダー・テリア(英:Border Terrier)とは、イギリスイングランド北西部産の古いテリア犬種である。世界中のテリア犬種の中で唯一古代の姿をとどめている。

歴史[編集]

ボーダー・テリアは現存する世界最古のテリア犬種であるだけではなく、世界最古の地中猟犬の姿をとどめている犬種であるとも考えられている。犬種としてのボーダー・テリアは17世紀になって初めて文献で紹介されるが、ボーダー・テリアのようなテリアは14世紀頃からその存在が確認されている。しかし、独立した犬種として公認されたのは1920年と遅い。

主にキツネ狩りに使われていた。ハウンドタイプの犬とタックを組んで、ボーダー・テリアは穴に潜ってキツネを追い出し、あとはハウンドに交代してキツネを仕留めてもらうような方法で捕らえた。

現在は世界中でペットもしくはショードッグとして飼われている。テリア犬種であるにもかかわらず短毛で手入れが楽なうえ、友好的で子供にも優しいところが人気を呼んでいる。日本でもあまり話題になる事は無いが根強い人気があり、毎年国内登録がありブリーダーによる繁殖も行われている。値段はおよそ35~50万円くらいである。

特徴[編集]

皮膚にはややたるみがあり、毛は硬いショートコート。毛色はタン・アンド・ブラック、タン・アンド・ブルー、グリズル、レット、ウイートン、ブルーなどがある。マズルと耳はブラックであるのが普通である。垂れ耳、垂れ尾で脚は長く、マズルは短め。体高25cm前後、体重5kgの小型犬で、性格はとても友好的で穏やか。人懐こく、子供が大好きである。小さな子供に尾を引っ張られてもあまり起こらないほどの忍耐力がある。

参考[編集]

  • 『デズモンド・モリスの犬種事典』(誠文堂新光社)デズモンド・モリス著書、福山英也、大木卓訳 誠文堂新光社、2007年
  • 『犬のカタログ2004』(学研)中島眞理 監督・写真
  • 『日本と世界の愛犬図鑑2007』(辰巳出版)佐草一優監修

関連項目[編集]

外部リンク[編集]