鼓滝駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
鼓滝駅
駅全景
駅全景
つづみがたき - Tsuzumigataki
NS04 鶯の森 (0.8km)
(0.7km) 多田 NS06
所在地 兵庫県川西市鼓が滝町1
駅番号 NS05
所属事業者 能勢電鉄
所属路線 妙見線
キロ程 3.5km(川西能勢口起点)
駅構造 地上駅
ホーム 相対式2面2線
乗降人員
-統計年度-
5,314[1]人/日
-2011年-
開業年月日 1913年(大正2年)4月13日
ホーム

鼓滝駅(つづみがたきえき)は、兵庫県川西市にある能勢電鉄妙見線。駅番号はNS05

駅構造[編集]

駅舎改築前。
旧駅舎

相対式2面2線のホームを持つ地上駅。無人駅。

ホームの川西能勢口駅寄りはトンネル(鼓滝隧道)に接している。

駅が現在の位置に移動してから、改札等は川西能勢口行きホーム側に設置され、両ホームの行き来は地下通路にて行っていたが、川西市によりバリアフリー化工事(詳細)が行われた結果、改札が両ホームに分離された。川西能勢口方面行き側改札口の外側には多機能トイレを含めたトイレが設置されている。なお、従来からの構内地下道も、手摺りが2段式に取り替えられたうえで残されている。

ホーム有効長は大型車6両分にまで延長されていたが、スロープ設置に伴いホームが削られた結果、4両編成が止まれる程度に縮まっている。

のりば
(西側) 妙見線 山下妙見口日生中央方面
(東側) 妙見線 川西能勢口宝塚梅田方面

※のりば番号は設定されていない。

駅周辺[編集]

かつて当地には30mの落差がある滝があり、その滝が鼓のような音を立てていたことから、当駅付近は「鼓滝」と呼ばれていた[2]

歴史[編集]

複線化以前は、当駅から多田駅付近までが旧国道173号との併用軌道となっており、当駅も国道の片隅を間借りしていた。このため妙見線は軌道法による運行上の制約を受けていたが、複線化に伴う線形改良の際に当駅が現在地に移転し、同時に国道173号が移設されたため、軌道法から地方鉄道法に準拠対象を変更することが可能となった。

当駅は1990年代まで「滝駅」と表記されていた。その後も当時の漢字表記の看板がそのまま使われていたが、2006年(平成18年)に更新されている。

隣の駅[編集]

能勢電鉄
妙見線
特急「日生エクスプレス」・日生急行・妙見急行
通過
普通
鶯の森駅 (NS04) - 鼓滝駅 (NS05) - 多田駅 (NS06)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 川西市 統計要覧 平成23年度版 5-4. 能勢電鉄市内各駅の1日の乗降客数
  2. ^ 能勢電鉄株式会社・鉄道事業部編 『のせでん 昔ギャラリー』、2009年、7頁。
  3. ^ a b c 能勢電気軌道株式会社編 『風雪60年』 、1970年、139頁。
  4. ^ 能勢電鉄株式会社編 『能勢電鉄80年史』、1991年、370頁。
  5. ^ a b 鼓滝駅バリアフリー化工事が完成(pdf)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]