鶯の森駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
鴬の森駅
川西能勢口方面の駅舎
川西能勢口方面の駅舎
うぐいすのもり - Uguisunomori
NS03 滝山 (0.6km)
(0.8km) 鼓滝 NS05
所在地 兵庫県川西市鶯の森町
駅番号 NS04
所属事業者 能勢電鉄
所属路線 妙見線
キロ程 2.7km(川西能勢口起点)
駅構造 地上駅
ホーム 相対式2面2線
乗降人員
-統計年度-
1,178[1]人/日
-2011年-
開業年月日 1953年(昭和28年)8月21日
プラットホーム

鴬の森駅(うぐいすのもりえき)は、兵庫県川西市にある能勢電鉄妙見線

駅構造[編集]

相対式2面2線のホームを持つ地上駅。ホームは6両分の有効長があるが、現在は4両編成の列車しか停車しないため、改札口がある山下駅寄りに停車する。

改札などは両ホームの北側に設置されている。山下駅方面行きホームは、ホームと改札口が同一平面上にあるものの、道路から改札口へは3段の階段がある。川西能勢口駅方面行きホームは改札からホームの間に8段の階段が設置されており、両ホームともバリアフリー化は考慮されていないが、川西能勢口駅方面行きホームへの階段にのみ2段式手摺が設置されている。改札内で両ホームの行き来が出来ないため、山下駅方面行き改札口の外側に男女別のトイレが設置されており、川西能勢口駅方面行き改札口の外側に待合コーナーが設置されている。駅舎やホームの色は「鶯の森」に因み、鶯色に統一されている。

のりば
(西側) 妙見線 山下妙見口日生中央方面
(東側) 妙見線 川西能勢口宝塚梅田方面

※のりば番号は設定されていない。


鶯の森駅配線図

川西能勢口方面
0D22
sensd voie bifbg sensd
sensg bifhd voie sensg

妙見口方面
凡例
出典:川島(2009) 22頁

駅周辺[編集]

駅名は周辺にの飛び交う森があったことに由来し、現在も春になると鶯がその声を響かせる。現在では住宅開発が進み、市の管理地域を除くと最後に残った場所も2003年(平成15年)に開発された。森は駅から住宅街に登る坂道の間にわずかに面影を残すのみであるが、リス、タヌキ、イタチなどがときおり姿を見せる。

1954年、駅前の猪名川に能勢電気軌道(現在の能勢電鉄)が遊泳場を整備し、賑わいを見せたが、1959年に発生した伊勢湾台風により壊滅され廃止された。現在でも遊泳場の跡は確認できる。

鴬の森駅を出て鶯の森隧道を抜けると、やがて能勢電鉄妙見線は猪名川を渡る。この猪名川橋梁から続く鼓滝隧道の一部にかけ、僅かながら大阪府池田市を通過する。

すぐ横を兵庫県道12号川西篠山線が併走している。阪急バスの路線も通っているが、この駅に接続するバス停は存在しない。

歴史[編集]

複線化まで猪名川橋梁は現在よりも上流側に位置し、川の流れに対してほぼ直角に橋を渡していたので、線路はその手前で急曲線を描いていた。当駅の開業前にはこの橋梁の手前に矢問駅(やとうえき)が設置されていたが、それまでより車体の大きい50形電車を導入する際、ホームとの隙間が空いてしまい危険であることから廃止され、その代替として当駅が開業した[2]。開業当初は島式の交換可能駅であった。

隣の駅[編集]

能勢電鉄
妙見線
特急「日生エクスプレス」・日生急行・妙見急行
通過
普通
滝山駅 (NS03) - 鴬の森駅 (NS04) - 鼓滝駅 (NS05)

脚注[編集]

  1. ^ 川西市 統計要覧 平成23年度版 5-4. 能勢電鉄市内各駅の1日の乗降客数
  2. ^ 岡本弥・高間恒雄 『能勢電むかしばなし』 ネコ・パブリッシング、2008、32・34頁。ISBN 978-4-7770-5233-2
  3. ^ 『風雪60年』 能勢電気軌道株式会社、1970年、139頁。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]