静駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
静駅
駅入り口(2008年8月19日)
駅入り口(2008年8月19日)
しず - Shizu
瓜連 (1.4km)
(5.3km) 常陸大宮
所在地 茨城県那珂市下大賀
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 水郡線
キロ程 18.1km(水戸起点)
電報略号 シツ
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
開業年月日 1919年大正8年)2月1日
備考 無人駅
ホーム(2006年12月22日)

静駅(しずえき)は、茨城県那珂市下大賀にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)水郡線である。

駅構造[編集]

単式ホーム1面1線を有する地上駅。かつては相対式ホーム2面2線を有していた。現在も旧ホームが残されている。

常陸大宮駅管理の無人駅。駅舎はなく屋根、壁があるベンチのみ設置されている。

駅周辺[編集]

前述の通り、当駅の所在地は静ではなく下大賀である。駅名の由来になっている静地域からは、かなり離れている。また、常陸大宮市との境も近く、工業団地や高等学校など、当駅が最寄り駅となる区域もある。駅前は茨城県道168号静常陸大宮線が通っているが、駅入口正面側の茨城県道61号日立笠間線交点から当駅周辺までの区間は道幅が非常に狭い。

路線バス[編集]

最寄りのバス停は「静駅入口」となる。

乗場 系統 主要経由地 行先 運行会社 備考
  しどり総合公園循環 しどりの湯、静駅入口   那珂市コミュニティバス 土休日運休
  瓜連駅、那珂総合公園、上菅谷駅 ひだまり 土休日運休
瓜連駅入口、常陸鴻巣駅口、上菅谷駅 ひだまり 土休日運休

歴史[編集]

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道
水郡線
瓜連駅 - 静駅 - 常陸大宮駅

脚注[編集]

  1. ^ 「軽便鉄道停留場設置」『官報』1919年2月7日(国立国会図書館デジタル化資料)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]