雪 (童謡)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

』(ゆき)は、日本童謡文部省唱歌。作詞者、作曲者ともに不詳。

歌詞[編集]

  1. やこんこ (あられ)やこんこ。
    降つては降つては ずんずん積(つも)る。
    も野原も 綿帽子(わたぼうし)かぶり、
    枯木(かれき)残らず が咲く。
  2. 雪やこんこ 霰やこんこ。
    降つても降っても まだ降りやまぬ。
    は喜び 駈(か)けまはり、
    火燵(こたつ)で丸くなる。

概要[編集]

1911年明治44年)の『尋常小学唱歌(二)』が初出。2007年平成19年)に、「日本の歌百選」に選ばれた。

誤って、1番と2番を間違えて歌ったり、1番の第2節から2番の第3節につなげて歌う人がいる。

こんこ[編集]

こんこ」の正確な意味・語源は不明だが、「来む」(来い = 降れ)と関係がある言葉と思われる。

  1. 「来む来む」(降れ降れ)
  2. 「来む此」(ここに降れ)

の2説ある。「来む来む」説の場合、語源的には本来は「雪やこんこん」となる。 国語学者大野晋によれば「コンコン」はもとは「来ム来ム」であり、「雪よ、もっと降れ降れ」が最初の意味であったとしている[1]

補足[編集]

  • 瀧廉太郎作曲、東くめ作詞の幼稚園唱歌(明治34年(1901年)7月出版「幼稚園唱歌」の18曲目)に、「雪やこんこん」というのがある(「こんこ」ではない)。こちらは、始めの歌詞は「雪やこんこん あられやこんこん」である。曲は全く別であり、滝廉太郎の特徴がよく出ている。
  • 2010年ハウス食品「ウコンの力」(忘年会に篇)のCMで、雪やウコンウコンという替え歌CMソングとして起用された。
  • * 本曲の出だしの、「雪やこんこ、あられやこんこ、降っても降っても」までのメロディーは、ドボルザーク作曲 聖書の歌 (Biblické písně) Op. 99 B. 185 の前奏と酷似している。[2]

脚注[編集]

  1. ^ 大野晋 (1974). 日本語をさかのぼる. 岩波書店. pp. 217p. ISBN 4-00-412092-6. 
  2. ^ http://www.sakimura.org/2011/07/1171/

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • (自動的に音楽が流れるため注意)