鄭大均

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
鄭 大均
(てい たいきん)
人物情報
生誕 1948年[1]
岩手県[1]
国籍 日本の旗 日本2004年に日本に帰化。)
出身校 カリフォルニア大学ロサンゼルス校修士課程修了(M.A、アジア系アメリカ人研究)[2]
学問
研究分野 東アジアのナショナル・アイデンティティ、日韓関係論、在日外国人・在日コリアン論。
研究機関 慶南大学校師範学部、東亜大学校人文学部、啓明大学校外国学学部、東京都立大学人文学部、首都大学東京都市教養学部。
主な業績 韓国のイメージ』(1995年)
日本のイメージ』(1998年)
在日韓国人の終焉』(2001年)
在日・強制連行の神話』(2004年)
主な受賞歴 第12回大平正芳記念賞(1996年)[3]
テンプレートを表示

鄭 大均(てい たいきん(정대균、チョン・テギュン、Chung Daekyun[2])、1948年(昭和23年) - )は、日本の学者首都大学東京都市教養学部特任教授。専攻は東アジアのナショナル・アイデンティティ、日韓関係論、在日外国人。韓国系日本人1996年(平成8年)、第12回大平正芳記念賞を受賞[3]

略歴[編集]

1948年(昭和23年)、岩手県生まれ。父親は1922年(大正11年)、当時の京城から東京にやってきた朝鮮人で、1923年(大正12年)に出版され、朝鮮人によって書かれた最初の日本語小説として知られる『さすらひの空』の著者・鄭然圭である。母親は岩手県和賀郡黒沢尻町(現在の北上市)出身。結婚してしばらくは東京に住んでいたが、1944年(昭和19年)に空襲を避けて岩手県に疎開。大均はその地で戦後に生まれた。岩手県立黒沢尻北高等学校立教大学文学部および法学部を卒業。1973年(昭和48年)から1974年(昭和49年)にかけてアメリカ合衆国東部で暮らす。1978年(昭和53年)、カリフォルニア大学ロサンゼルス校修士課程修了(M.A、アジア系アメリカ人研究)。履歴については自叙伝的作品である『在日の耐えられない軽さ』(中公新書)に詳しい。

米国から東京に戻り、英語学校で教えながら1980年(昭和55年)頃から在日論を書き始める。その後1970年代に東京で会った留学生・崔吉城の誘いを受け、慶南大学校師範学部(韓国馬山市)、東亜大学校人文学部(韓国釜山市)、啓明大学校外国学学部(韓国大邱市)で14年間教鞭をとる。

啓明大学校副教授から転じ、1995年(平成7年)に東京都立大学(現首都大学東京)人文学部に助教授として着任、1999年(平成11年)に教授、2013年3月に定年退職。同年11月から特任教授となる。2004年(平成16年)に日本に帰化。妻は韓国の大学教員。

妹は鄭香均。香均は、日本国籍でないことを理由に東京都の管理職選考試験の受験を拒否されたとして都を訴え、二審で一部勝訴(慰謝料支払のみ認定)するも、最高裁において[4]敗訴が確定した(東京都管理職国籍条項訴訟)。これに関し、鄭大均は『諸君![5]や『ニューズウィーク』日本語版の誌上[6]等で妹に苦言を呈している。

日韓関係を集団アイデンティティの視点から分析。従来の歴史・道徳史観濃厚の日韓関係論とは異質の議論を展開。在日韓国・朝鮮人論も、その被害者性を強調する従来の在日論とは異質の議論を展開している。在日コリアンに日本への帰化を勧めるとともに、韓国系日本人(元在日外国人)の立場から、永住外国人への地方参政権付与に反対し、国会で参考人招致を受けた際も反対論を展開している。[要出典]

著書[編集]

単著[編集]

共著[編集]

共編著[編集]

記事[編集]

  • 「池上町"朝鮮人部落"の社会関係-上-」、『朝鮮研究』、日本朝鮮研究所、1978年12月、 2-13頁、 ISSN 0577-9782
  • 「池上町"朝鮮人部落"の社会関係-下-」、『朝鮮研究』、日本朝鮮研究所、1979年1月、 48-60頁、 ISSN 0577-9782
  • 「再び岐路に立つ在日朝鮮人問題-1-「自由への逃走」か――新しい在日朝鮮人論への視角〈特集〉」、『朝鮮研究』、日本朝鮮研究所、1979年5月、 1-68頁、 ISSN 0577-9782
  • ウェザロール・ウィリアム 共著「外国人居住者論-上-」、『朝鮮研究』、日本朝鮮研究所、1979年12月、 34-42頁、 ISSN 0577-9782
  • ウェザロール・ウィリアム 共著「外国人居住者論-下-」、『朝鮮研究』、日本朝鮮研究所、1980年8月、 26-32頁、 ISSN 0577-9782
  • ドンナカニシ 共著「日系アメリカ人の収容体験(投稿)」、『思想の科学 第6次』、思想の科学社1981年1月、 86-92頁、 ISSN 0389-682X
  • 「日本への〈誘引〉と〈反発〉――韓国日語日文科生の対日関心とその分析」、『海外事情』第32巻第2号、拓殖大学海外事情研究所1984年2月、 97-112頁、 ISSN 0453-0950
  • 「軍政期南朝鮮の「日本文化」」、『海外事情』第33巻第2号、拓殖大学海外事情研究所、1985年2月、 101-118頁、 ISSN 0453-0950
  • 「二人でつづる釜山便り-1-釜山の絵」、『現代コリア』、現代コリア研究所1985年5月、 48-50頁、 ISSN 0289-6303
  • 「二人でつづる釜山便り-2-韓国という迷路」、『現代コリア』、現代コリア研究所、1985年10月、 70-72頁、 ISSN 0289-6303
  • 「二人でつづる釜山便り-4-父祖達の故郷」、『現代コリア』、現代コリア研究所、1985年12月、 52-55頁、 ISSN 0289-6303
  • 「在日朝鮮人の同化か異化か」、『現代コリア』、現代コリア研究所、1986年7月、 52-56頁、 ISSN 0289-6303
  • 「父祖たちの故郷――在日韓国人の韓国体験」、『海外事情』第35巻第2号、拓殖大学海外事情研究所、1987年2月、 67-91頁、 ISSN 0453-0950
  • 「近景の祖国」、『思想の科学 第7次』、思想の科学社、1987年9月、 33-38頁、 ISSN 0389-8083
  • 「文化主義的韓国論を排す」、『中央公論』第103巻第11号、中央公論新社、1988年11月、 162-175頁、 ISSN 0529-6838
  • 「日本論と韓国論の不幸な連帯」、『中央公論』第104巻第5号、中央公論新社、1989年5月、 248-260頁、 ISSN 0529-6838
  • 「「在日」の神話」、『諸君!』第22巻第10号、文藝春秋、1990年10月、 217-227頁、 ISSN 0917-3005
  • 「韓国の「反日」が変わる日はいつか」、『中央公論』第106巻第2号、中央公論新社、1991年2月、 126-138頁、 ISSN 0529-6838
  • 「韓国・日本文化はなぜタブー視されるか」、『諸君!』第23巻第5号、文藝春秋、1991年5月、 249-259頁、 ISSN 0917-3005
  • 「ロス暴動・韓国の報道(焦点・論点)」、『現代コリア』、現代コリア研究所、1992年6月、 16-19頁、 ISSN 0289-6303
  • 「韓国ナショナリズムの性格」、『思想』、岩波書店、1993年1月、 77-92頁、 ISSN 0386-2755
  • 「韓国社会の「反日」構造――日本文化に対する両面的な反応の背景」、『世界週報』第75巻第13号、時事通信社1994年4月5日、 40-45頁、 ISSN 0911-0003
  • 「韓国を不幸にする進歩派という日本人」、『思想の科学 第8次』、思想の科学社、1995年10月、 89-96頁、 ISSN 0389-8083
  • 「「在日」の民族疲労――国籍条項についての少数意見」、『中央公論』第111巻第10号、中央公論新社、1996年9月、 74-79頁、 ISSN 0529-6838
  • 李英和呉智英 共著「「在日の参政権」で激論2時間半!」、『Sapio』第9巻第1号、小学館、1997年1月15日、 30-33頁。
  • 崔吉城呉善花 共著「韓国人知識人の本音鼎談――愚かなる韓国の反日感情」、『正論』、産経新聞社1997年3月、 122-135頁。
  • 「新たな日韓摩擦への予感」、『Ronza』第3巻第8号、朝日新聞社1997年8月、 92-97頁。
  • 「〈反日〉の社会心理を6つの性格から解明する」、『Sapio』第9巻第15号、小学館、1997年8月27日、 31-33頁。
  • 西岡力 共著「なぜ日本国籍を求めないのか」、『現代コリア』、現代コリア研究所、1997年10月、 31-49頁、 ISSN 0289-6303
  • 金美齢 共著「台湾人と韓国人の本音対談 在日の心,共生の心」、『正論』、産経新聞社、1998年2月、 100-117頁。
  • 沢知恵 共著「(対談)日韓現代文化の交流――ちょっと待て大衆文化解禁」、『This is読売』第9巻第10号、読売新聞社1999年1月、 108-123頁、 ISSN 0916-4529
  • 「道義論だけでは日韓を不幸にする(日韓現代文化の交流)」、『This is読売』第9巻第10号、読売新聞社、1999年1月、 124-131頁、 ISSN 0916-4529
  • 「日韓関係は「歴史政策」から自由になれるか」、『大航海』、新書館1999年10月、 90-95頁。
  • 「日韓には「植民地支配の歴史」を語る共通語がない」、『Sapio』第11巻(第21号) (通号 240)、小学館、1999年12月8日、 79-81頁。
  • 「見せかけの怒り 梁石日・姜尚中・辛淑玉批判」、『正論』、産経新聞社、2000年6月、 84-97頁。
  • 呉善花 共著「対談 韓国の美人・日本の美人――文化の違いを理解すれば互いに刺激しあえる関係に」、『Voice』、PHP研究所2000年7月、 104-113頁、 ISSN 0387-3552
  • 「韓国人をやめて日本国民になろう――在日の耐えられない軽さについて」、『正論』、産経新聞社、2000年8月、 110-123頁。
  • 「在日が「コリア系日本人」の道を選ぶことで日本社会は多元化、活性化する」、『Sapio』第12巻(第20号) (通号 261)、小学館、2000年11月22日、 26-28頁。
  • 「永住外国人参政権 在日韓国人は特権階級か」、『諸君!』第33巻第4号、文藝春秋、2001年4月、 72-80頁、 ISSN 0917-3005
  • 「「在日」は被害者ではない――過去の日本を責める人はなぜ北の野蛮行為に寛大か」、『Voice』、PHP研究所、2001年5月、 188-195頁、 ISSN 0387-3552
  • 「韓国 日韓の過ぎ去ろうとしない過去」、『世界週報』第82巻(第26号) (通号 4006)、時事通信社、2001年7月10日、 18-20頁、 ISSN 0911-0003
  • 「変化する在日のイメージ」、『環』、藤原書店、2002年.Aut、 216-222頁。
  • 「政策転換期に来た日韓 歴史政策から現実政策へ――「加害・贖罪者の役割」と「被害・糾弾者の役割」を一方的に演じ分ける時代は終わった」、『諸君!』第34巻第1号、文藝春秋、2002年1月、 92-101頁、 ISSN 0917-3005
  • 「拉致と強制連行を同列に論じるな」、『中央公論』第117巻(第12号) (通号 1423)、中央公論新社、2002年12月、 58-64頁、 ISSN 0529-6838
  • 「岩波首脳、『世界』はいかにして金王朝の「忠実なる使徒」と化したか」、『諸君!』第35巻第1号、文藝春秋、2003年1月、 42-50頁、 ISSN 0917-3005
  • 藤岡信勝勝岡寛次 ほか「討論 日韓歴史認識の共有は可能か」、『諸君!』第35巻第1号、文藝春秋、2003年1月、 186-198頁、 ISSN 0917-3005
  • 「在日は祖国に離別宣言を!」、『中央公論』第118巻(第4号) (通号 1427)、中央公論新社、2003年4月、 76-78頁、 ISSN 0529-6838
  • 「漂流を続ける「在日」のアイデンティティ」、『正論』、産経新聞社、2003年6月、 160-164頁。
  • 「「キム様」礼賛から「ヨン様」讃美へ――日本人の韓国イメージは好転したか」、『諸君!』第36巻第11号、文藝春秋、2004年11月、 169-177頁、 ISSN 0917-3005
  • 「和田春樹と佐藤勝巳の討論を読む」、『現代コリア』第446号、現代コリア研究所、2004年11月、 43-47頁、 ISSN 0289-6303
  • 井沢元彦 共著「特別対談 逆説のアジア史紀行(15)鄭大均(東京都立大学教授)との対話(前編)今どき日本統治協力者を断罪する「反日法」を生んだ韓国人アイデンティティの歪(いびつ)」、『Sapio』第16巻(第9号) (通号 343)、小学館、2004年5月26日、 30-32頁。
  • 黒田勝弘 共著「暴走する韓国の「反日」と「親北」」、『諸君!』第36巻第5号、文藝春秋、2004年5月、 172-183頁、 ISSN 0917-3005
  • 「コリア系日本人という選択(前編)日本国籍取得の記」、『中央公論』第119巻(第6号) (通号 1441)、中央公論新社、2004年6月、 208-216頁、 ISSN 0529-6838
  • 井沢元彦 共著「特別対談 逆説のアジア史紀行(16)鄭大均(東京都立大学教授)との対話(後編)戦前の朝鮮人「強制連行」という名の虚妄」、『Sapio』第16巻(第10号) (通号 344)、小学館、2004年6月9日、 77-79頁。
  • 「コリア系日本人という選択(中編)父の遺産」、『中央公論』第119巻(第7号) (通号 1442)、中央公論新社、2004年7月、 258-267頁、 ISSN 0529-6838
  • 「強制連行という神話 「在日」はいかにして日本にやってきたか」、『正論』、産経新聞社、2004年8月、 76-83頁。
  • 「「強制連行」は作られた物語 巻頭インタビュー 鄭大均」、『明日への選択』、日本政策研究センター2004年8月、 4-9頁。
  • 「コリア系日本人という選択(後編)玉子売りの母」、『中央公論』第119巻(第8号) (通号 1443)、中央公論新社、2004年8月、 240-248頁、 ISSN 0529-6838
  • 「学者が斬る(182)在日一世は自己意思で海を渡った」、『エコノミスト』第82巻(第53号) (通号 3712)、毎日新聞社2004年9月28日、 48-51頁、 ISSN 0013-0621
  • 「チェク・本・Book 高崎宗司・朴正鎮編『帰国運動とは何だったのか』 荒山徹『サラン』」、『現代コリア』第455号、現代コリア研究所、2005年10月、 75-77頁、 ISSN 0289-6303
  • 「WORLD AFFAIRS 最高裁判決 妹よ、在日は日本国籍を取れ」、『Newsweek』第20巻(第7号) (通号 943)、阪急コミュニケーションズ2005年2月16日ISSN 0912-2001
  • 「わがエスニック体験 「在日民族組織」からの逃走」、『諸君!』第37巻第2号、文藝春秋、2005年2月、 172-181頁、 ISSN 0917-3005
  • 「都管理職試験・外国籍拒否は「差別」か 「在日」の歪んだ"偶像"」、『諸君!』第37巻第4号、文藝春秋、2005年4月、 190-197頁、 ISSN 0917-3005
  • 「帰属 「韓流」「嫌韓流」ブームの狭間で揺れる在日アイデンティティの危機」、『Sapio』第18巻(第7号) (通号 386)、小学館、2006年3月22日、 75-77頁。
  • 「「在日韓国&朝鮮人は『強制連行』の子孫だ」と言われたら」、『諸君!』第38巻第4号、文藝春秋、2006年4月、 112-114頁、 ISSN 0917-3005
  • 浅川晃広、呉善花 共著「「在日」よ、日本人になろう」、『諸君!』第38巻第6号、文藝春秋、2006年6月、 190-200頁、 ISSN 0917-3005
  • 「コリアの変化とコリア論の無変化――民団・総連 つかの間の「和解」の背景」、『中央公論』第121巻(第8号) (通号 1467)、中央公論新社、2006年8月、 176-184頁、 ISSN 0529-6838
  • 「ココが変だよ 日本のコリア論(韓国/北朝鮮/在日)」、『諸君!』第38巻第9号、文藝春秋、2006年9月、 102-109頁、 ISSN 0917-3005
  • 「米バージニア銃乱射事件が提起したこと 韓国人にとって「僑胞」とは何か」、『正論』、産経新聞社、2007年7月、 306-312頁。
  • 「在日を不幸にする贖罪型日本人の情熱」、『諸君!』第39巻第8号、文藝春秋、2007年8月、 171-179頁、 ISSN 0917-3005
  • 清水初子 共著「在日脱北女性の証言 独裁国家からの逃走は四〇年来の願望でした」、『中央公論』第122巻(第8号) (通号 1480)、中央公論新社、2007年8月、 166-177頁、 ISSN 0529-6838
  • 「「外国人参政権待望論」の幻 なぜ帰化は在日のタブーとなったのか」、『中央公論』第123巻(第6号) (通号 1490)、中央公論新社、2008年6月、 124-133頁、 ISSN 0529-6838
  • 「公園の満足していない人々――ソウル高齢者ノート」、『人文学報』第408号、首都大学東京都市教養学部人文・社会系、2009年3月、 17-30頁、 ISSN 0386-8729
  • 「親北朝鮮でも、反日でもない歴史書 歴史からの自由を説く韓国人による韓国論が生れた[李榮薫著・永島広紀訳『大韓民国の物語――韓国の「国史」教科書を書き換えよ』]」、『本の話』第15巻(第3号) (通号 166)、文藝春秋、2009年3月、 16-19頁。
  • 「在日文化人の変貌 在日のヒーロー 姜尚中の役どころ」、『歴史通』第4号、ワック2010年1月、 216-225頁。
  • 「外国人参政権に反対のこれだけの理由」、『中央公論』第125巻(第1号) (通号 1509)、中央公論新社、2010年1月、 212-215頁、 ISSN 0529-6838
  • 「なぜ左派は外国人参政権を要求するのか――「加害者国家・日本」の生き証人として利用される在日コリアン」、『祖国と青年』第376号、日本協議会2010年1月、 22-32頁、 ISSN 0387-9437
  • 「姜尚中研究(2)なぜかくも持て囃されるのか 夢見るカン様と自己欺瞞の精神」、『正論』、産経新聞社、2010年10月、 142-153頁。
  • 「姜尚中研究(3)なぜかくも持て囃されるのか カン様の笑いが止まらない夏」、『正論』、産経新聞社、2010年11月、 236-248頁。
  • 「民団(在日本大韓民国民団)の参政権運動は在日のためにならない」、『正論』、産経新聞社、2010年3月、 128-132頁。
  • 「外国人参政権運動の源流をたどる 韓国民団に問われていること」、『中央公論』第125巻(第4号) (通号 1512)、中央公論新社、2010年4月、 220-226頁、 ISSN 0529-6838
  • 「姜尚中研究――なぜかくも持て囃されるのか 夢見るカン様と自己欺瞞の精神」、『正論』、産経新聞社、2010年9月、 132-143頁。
  • 切通理作「Book Woodland 鄭大均「姜尚中は欺瞞の徒だ」 : 「知的詐欺師」を誰かが批判しなくてはならない」、『Japanism』、青林堂2011年12月、 154-156頁。
  • 「在日コリアンの現住所」、『海外事情』第59巻第3号、拓殖大学海外事情研究所、2011年3月、 29-40頁、 ISSN 0453-0950
  • 「国内に批判する者は誰もいない もはや怪物、韓国ナショナリズム」、『中央公論』第127巻第15号、中央公論新社、2012年11月、 96-105頁、 ISSN 0529-6838
  • 「韓国の「反日」とはなにか」、『正論』第491号、産経新聞社、2012年12月、 116-123頁。
  • 呉善花 共著「「従軍慰安婦」は日本の保守派の怠惰」、『Will』第87号、ワック、2012年3月、 60-70頁。
  • 「帰化タブーを考える 鬼怒鳴門も旭天鵬もわれら日本人」、『中央公論』第127巻第11号、東京 : 中央公論新社,、2012年8月、 132-140頁、 ISSN 0529-6838
  • 「国際 新たな摩擦や葛藤は続く : 敵意や不信 : 日韓新時代のはじまり」、『改革者』第55巻第1号、政策研究フォーラム2014年1月、 30-33頁。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)”. Amazon.co.jp. 2014年8月11日閲覧。
  2. ^ a b 著者紹介”. 岩波書店. 2014年8月11日閲覧。
  3. ^ a b c 大平正芳記念賞の歩み”. 第12回(1996年). 大平正芳記念記念財団. 2014年8月17日閲覧。
  4. ^ 最大判平成17年1月26日民集59-1-128
  5. ^ 鄭 (2005-04)
  6. ^ 鄭 (2005-02-16)

関連文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]