辻潤

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
このページの項目名には、環境により表示が異なる文字があります。公式の表記ではしんにょう)の点が二つです。
辻潤

辻 潤(つじ じゅん、1884年10月4日 - 1944年11月24日?)は、日本翻訳家思想家である。日本におけるダダイズムの中心的人物の一人とされる。画家詩人辻まことは長男である。

生涯[編集]

1884年明治17年)、東京市浅草区向柳原町(現在の台東区浅草橋)に市の下級官吏の長男として生まれる。はじめ裕福だった家は彼が東京府開成中学に入学した12歳の頃には没落を始め、同中学を退学、給仕などをこなしつつ国民英学会の夜学に通い、1904年に東京市の小学校代用教員となる。この頃から幸徳秋水の「平民新聞」を購読し、やがて多くのアナキストとの親交をもつに至る。

1909年には上野高等女学校(現在の上野学園中学校・高等学校)の英語教師となるかたわらロンブローゾの著作を『天才論』と題して訳し始めるなどしたが、1912年、生徒であった伊藤野枝との恋愛問題で同校を退職させられ、以後定職に就くことはなかった。野枝との間に1913年生まれた長男が辻一(辻まこと)である。翌1914年には『天才論』は出版され20数版を重ね、妻野枝は雑誌「青鞜」の主力として活躍する。また同じ頃、アナキスト大杉栄が辻夫妻と出会っている。

「青鞜」は1916年には廃刊、野枝は大杉を追って出奔する。辻潤ははじめ浅草で「英語、尺八、ヴァイオリンの教授」の看板を掲げ、後には放浪生活同然の境遇となる。この間、1922年頃ダダイズムの運動を知り、自らをダダイストと名乗るようになった。また1923年には関東大震災で大杉栄、伊藤野枝らは憲兵大尉甘粕正彦らによって虐殺されるが、これに対して潤のコメントはない。

1928年読売新聞社の第1回文芸特派員という名目でパリに約1年滞在するも、殆どの時間を中里介山著『大菩薩峠』を読みふけって過ごす。帰国後もマックス・スティルネル著『唯一者とその所有』など著訳書の出版、詩文の雑誌掲載は相次いだものの、1932年頃から、2階から「俺は天狗だぞ」と叫びながら飛び降りたりパーティー会場で「クワッ、クワッ」と言いながらテーブルの上を駆け回るなど精神異常の兆候が現れ、やがて精神病院への入院・虚無僧姿での放浪・警察による保護の繰り返しの日々となる。

1933年、「変な頭」という文章に、 「自分も幾度か「歎異抄」という書をくりかえして読んで、親鸞の説に傾倒しているのだが、いかんせん未だに親鸞のような絶大な信仰を獲得することが出来ないから、自分ではなさけないことだと考えているばかりで、どうかしてそのような「安心立命」を得たいものだとひそかに念じてはいるのである。」などと書き、仏教に救いを求めていることがうかがわれる。

1944年ようやく放浪を終え東京都淀橋区上落合のアパートの一室に落着くが、11月24日室内で死亡しているのを発見された。死因は餓死であるとみられる。

墓は染井・西福寺。

著書[編集]

  • 浮浪漫語 下出書店 1922
  • ですぺら 新作社 1924
  • どうすればいゝのか? 昭光堂文芸部 1929(烏有叢書
  • 絶望の書 万里閣書房 1930
  • 癡人の独語 書物展望社 1935 
  • 〔ボウフラ〕以前 昭森社 1936
  • 辻潤集 全2巻 現代社 1954
  • 辻潤著作集 全6巻別巻1 オリオン出版社 1969-70
  • 辻潤選集 玉川信明編 五月書房 1981.10
  • 辻潤全集 全8巻別巻1 五月書房 1982
  • ダダイスト・辻潤 書画集 『虚無思想研究』編集委員会 1994
  • 辻潤…孤独な旅人 玉川信明編 五月書房 1996.11
  • 絶望の書 ですぺら 辻潤エッセイ選 1999.8 (講談社文芸文庫)

翻訳[編集]

  • 天才論 ロンブロゾオ 植竹書院 1914
  • 阿片溺愛者の告白トーマス・デクウインシー 三陽堂書店 1918
  • 響影 狂楽人日記 マコーウエル 三陽堂出版部 1918
  • ド・プロフォンディス 一名・獄中記 オスカア・ワイルド 越山堂 1919
  • 唯一者とその所有 人間篇 マツクス・スティルネル 日本評論社出版部 1920 
  • 一青年の告白 ジヨウジ・ムウア 新作社 1924
  • 無政府主義と社会主義 プレカアノフ 世界大思想全集 第29巻 春秋社 1928
  • 螺旋道 訳編 新時代社 1929

参考文献[編集]

  • 評伝辻潤 玉川信明 三一書房 1971 「放浪のダダイスト辻潤」社会評論社 2005.10
  • 辻潤 「個」に生きる 高木護 1979.6 (たいまつ新書)
  • ダダイスト辻潤 玉川信明 論創社 1984.11
  • 辻潤の思い出 松尾季子 『虚無思想研究』編集委員会 1987.9
  • 辻まこと・父親辻潤 生のスポーツマンシップ 折原脩三 リブロポート 1987 (シリーズ民間日本学者 のち平凡社ライブラリー
  • 風狂のひと辻潤 尺八と宇宙の音とダダの海 高野澄 人文書館 2006.7

外部リンク[編集]