出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
竜斎閑人正澄画『狂歌百物語』より「覚」
鳥山石燕今昔画図続百鬼』より「覚」

(さとり)は、飛騨美濃(現在の岐阜県)の山奥に住むと言われている妖怪。人の心を見透かす妖怪として知られる[1]

概要[編集]

こちらの思っていること全てを見透かし、こちらが口に出すよりも早くそれらをしゃべるという。山神の化身である童子が零落して妖怪化した姿との説もある[2]

山小屋で火を焚いている猟師や樵のもとに現れて心を読み取り、隙あらば取って食おうとするともいい、偶然から物が覚にぶつかったりすると、予期せぬことが起きたことを恐れて逃げて行くという[3]。一方では覚は人に危害を加えることはなく、山で働く人々は敢えて歯向かわず、覚と共存していたとする説もある[4]

鳥山石燕の『今昔画図続百鬼』にも覚が描かれているが、これは『和漢三才図会』などにあるをモデルにしたもので、解説文中にも「飛騨美濃の深山に玃あり」と述べられており、人の心を悟るという意味から石燕が「覚」と名づけたといわれる[5]。玃は本来は中国の伝承上の猿人だが、『和漢三才図会』によれば人の心を読む飛騨・美濃の獣とされており、「玃」を「かく」とも発音することから「覚」の代字があてられ、「覚」が「さとり」と誤読されたことから「玃」とは別種の「覚」という妖怪の伝承が生まれた、との解釈もある[6]。また、『今昔画図続百鬼』や『百怪図巻』などの妖怪画集に見られる妖怪「山彦」は玃がモデルとの説があるが、民俗学者・柳田國男は自著書『妖怪談義』において、覚が人の心を読むという昔話と、山彦が人の声を真似るという伝承を同根のものとしている[6]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ あしなか 通巻70号 檜枝岐昔話集”. 怪異・妖怪伝承データベース. 国際日本文化研究センター. 2008年12月14日閲覧。
  2. ^ 高田衛監修 稲田篤信・田中直日編 『鳥山石燕 画図百鬼夜行』 国書刊行会1992年、114頁。ISBN 978-4-336-03386-4
  3. ^ 村上健司編著 『妖怪事典』 毎日新聞社2000年、172頁。ISBN 978-4-620-31428-0
  4. ^ 多田克己 『幻想世界の住人たち』IV、新紀元社〈Truth in fantasy〉、1990年、80-81頁。ISBN 978-4-915146-44-2
  5. ^ 『妖怪事典』、349頁。
  6. ^ a b 京極夏彦・多田克己編著 『妖怪図巻』 国書刊行会、2000年、154頁。ISBN 978-4-336-04187-6