實吉達郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

實吉 達郎(さねよし たつお、1929年(昭和4年)11月29日 - )は広島県出身[1][2](父の赴任地・呉市生まれ[3])。動物研究家作家である。未確認動物「UMA」の命名者として知られる。娘はシンガーソングライターさねよしいさ子

経歴[編集]

子爵實吉安純の孫として生まれる。学習院幼稚園から学習院初等科学習院中等科を経て、東京農業大学卒業後、宮内庁下総御料牧場野毛山動物園に勤務。1955年(昭和30年)から1962年(昭和37年)までブラジルで動物を研究。帰国後、動物作家として活躍。また、数多くのテレビ番組に出演している。シャーロック・ホームズの研究家でもあり、日本シャーロック・ホームズ・クラブ会員である。

著書[編集]

  • 「UMA 謎の未確認動物」(スポーツニッポン新聞社出版局、1976年) ※ この著書で初めて「UMA」という言葉が発表された。
  • 「西遊記動物園」(六興出版、1991年)
  • 「トラvsライオン」(光風社出版、1994年)
  • 「アフリカ象とインド象」(光風社出版、1994年)
  • 「本当にいた不思議な生き物」(PHP研究所、2006年)
  • 「本当にいる世界の「超危険生物」案内」(笠倉出版社、2012年)

など多数

論文[編集]

出演[編集]

テレビ番組[編集]

出典・脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]