山彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
佐脇嵩之『百怪図巻』より「山びこ」
鳥山石燕画図百鬼夜行』より「幽谷響(やまびこ)」
水木しげるロードに設置されている「やまびこ」の像

山彦(やまびこ)は、日本の山の神・精霊妖怪である。

また、山や谷の斜面に向かってを発したとき、それが反響して遅れて返って来る現象を、山彦が応えた声、あるいは山彦が引き起こした現象[1]と考え「山彦」と呼ぶ。また、樹木の霊「木霊(木魂)」が応えた声と考え「木霊(こだま)」とも呼ぶ。

各地の伝承[編集]

鳥取県鳥取市では、山中に住む呼子(よぶこ)または呼子鳥(よぶこどり)という者が、山彦の声を発すると考えられていた[2]高知県幡多郡橋上村(現・宿毛市)楠山では、昼夜問わず深山で突然恐ろしい声が聞こえる怪異をヤマヒコという[3]

西日本に伝わる妖怪山童や、『和漢三才図会』にある妖怪の(やまこ)と同一視されることもあり、木の霊が山彦を起こすと考えられたことから、木の中に住んでいるという妖怪の彭侯とも同一視された。『百怪図巻』『画図百鬼夜行』などの妖怪画集にあるイヌのような姿の山彦は、玃または彭侯をモデルにしたものと考えられている[4]

前述の鳥取の呼子鳥は鳥の姿といわれるほか、長野県北安曇郡の小岩岳では人の言葉を返す「山彦岩」という岩があるなど、妖怪としての山彦の起源や種類は一様ではない[4]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 村上健司編著 『妖怪事典』 毎日新聞社2000年、352頁。ISBN 978-4-620-31428-0
  2. ^ 柳田國男 『妖怪談義』 講談社講談社学術文庫〉、1977年、201頁。ISBN 978-4-06-158135-7
  3. ^ 桂井和雄「土佐の山村の「妖物と怪異」」、『旅と伝説』15巻6号(通巻174号)、三元社、1942年6月、 23頁。
  4. ^ a b 京極夏彦 『妖怪図巻』 多田克己編、国書刊行会2000年、154頁。ISBN 978-4-336-04187-6

関連項目[編集]

外部リンク[編集]