西岡大輝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
西岡 大輝 Football pictogram.svg
名前
カタカナ ニシオカ ダイキ
ラテン文字 NISHIOKA Daiki
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 1988年8月21日(26歳)
出身地 宮崎県宮崎市佐土原町
身長 180cm
体重 74kg
選手情報
在籍チーム 愛媛FC
ポジション DF
背番号 4
利き足 右足
ユース
1997-2000 広瀬SSS(広瀬北小
2001-2003 宮崎市立檍中学校
2004-2006 東海大学付属第五高等学校
2007-2010 福岡教育大学
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2011-2013 サンフレッチェ広島 0 (0)
2013 栃木SC(loan) 9 (0)
2014- 愛媛FC
1. 国内リーグ戦に限る。2013年12月25日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

西岡 大輝(にしおか だいき、1988年8月21日 - )は、日本プロサッカー選手宮崎県宮崎市佐土原町出身[1]福岡教育大学卒業。

Jリーグ愛媛FC所属。

来歴[編集]

宮崎市立広瀬北小学校3年生からサッカーを始める[1]宮崎市立檍中学校3年生の時には、県選抜としてドイツへ遠征しキャプテンを務めた[1][2]

高校は地元高校の誘いを断って、福岡県東海大学付属第五高等学校へ越境入学[2]。1年先輩に橋内優也藤田直之末吉隼也、同期に當間建文、1年後輩に清水航平橋内竜真。2年生からボランチとして主力に定着した[2]

高校卒業後プロから誘いはなく[2]福岡教育大学へ進学した。大学3年次にデンソーカップサッカー九州選抜に選ばれボランチの中心選手として活躍[3]、大学4年でも選抜メンバーに選ばれた。選抜チームでは藤田・末吉・永井謙佑河田晃兵宮路洋輔赤尾公らとプレーした。

2011年、サンフレッチェ広島とプロ契約、同期に鮫島晃太井波靖奈。広島ではDFラインに足元を重視するチームスタイルからセンターバックとしてプレーする[3][4]。ただ試合出場のチャンスは与えられなかった[4]

2013年、南省吾GMに評価され早い段階からオファーを受けていた栃木SC期限付き移籍した[4]。ただあまり松田浩監督に評価されず試合出場は叶わなかったが、同年9月チーム成績不振により監督に松本育夫が就任したことが転機となる。怪我人が続出したDFラインでレギュラーに抜擢され栃木の不調脱出に貢献する[5]。怪我人復帰後は再び控えに戻った。同年末、栃木・広島共に契約満了[6]

2014年、愛媛FCに完全移籍する[7]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 ナビスコ杯 天皇杯 期間通算
2010 福教大 7 - - - 1 1 1 1
2011 広島 3 J1 0 0 0 0 0 0 0 0
2012 0 0 0 0 0 0 0 0
2013 栃木 J2 9 0 - 2 0 11 0
2014 愛媛 4 -
通算 日本 J1 0 0 0 0 0 0 0 0
日本 J2 9 0 - 2 0 11 0
日本 - - 1 1 1 1
総通算 9 0 0 0 3 1 12 1
国際大会個人成績 FIFA
年度 クラブ 背番号 出場 得点 出場 得点
AFC ACL クラブW杯
2012 広島 3 - 0 0
通算 AFC 0 0 0 0

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 西岡さん(宮崎市出身福教大4年)J1広島へ”. 宮崎日日新聞 (2010年8月25日). 2013年12月25日閲覧。
  2. ^ a b c d 走れ!新戦力<1>DF西岡大輝(22)=福岡教大”. 中国新聞 (2011年2月2日). 2011年2月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年12月25日閲覧。
  3. ^ a b 紫熊倶楽部』2010年11月号.p18-p19
  4. ^ a b c 【2013シーズン新加入選手紹介】西岡大輝選手”. 栃木SC公式 (2013年1月24日). 2013年12月25日閲覧。
  5. ^ 栃木:71歳の期待に応えた25歳”. J's GOAL (2013年9月16日). 2013年12月25日閲覧。
  6. ^ 西岡大輝選手 契約満了のお知らせ”. J's GOAL (2013年11月25日). 2013年12月25日閲覧。
  7. ^ 西岡 大輝選手 加入のお知らせ”. J's GOAL (2013年12月25日). 2013年12月25日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]