著作権エージェント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

著作権エージェント(Literary Agent)[1]とは、著作権者代理人(Agent)として出版社へ著書を紹介したり、契約・著作権の管理をおこなったりする職業である。著作権代理人[2]とも。以下では個人や会社を問わず「代理人」と表記する。

概要[編集]

欧米の出版界では著者や著作権者が出版社と直接交渉することは少なく、代理人を仲介するのが一般的である。代理人は著者に代わって印税[3]や各種の権利がより有利な条件になるよう出版社と交渉する業務である。代理人の報酬は売り上げの一部から支払われることが多いため、売り上げを伸ばせば収入も増加することが多い。

著作権者にとっての利点は、出版権以外にも映像化権や翻訳権の許諾など、二次的使用権に関する複雑な契約による事務作業の煩わしさを回避するだけでなく、不利な契約を結ばないようにするという予防的な意味も持っている。例としてスティーヴン・キングキャリー出版のためダブルデイと直接契約したが、ぺーパーバック版の出版権[4]が40万ドルで他社に転売(キングの取り分は20万ドル)されるなどの不利な契約を改善するため、後に代理人と契約することになった。

特にメディアミックスや海外展開が一般的となった近年では、著作権法や契約交渉の専門家ではない著作権者が担当するのは不可能に近く、これらに精通した代理人の重要度は増している。またDTP電子書籍が手軽になったことで出版社を通さずに出版が可能となっているが、編集・装丁から宣伝・各種の権利交渉まで自力で行うのは知識的・時間的に限界があり、これらの各専門家にコネクションを持つ代理人には一定の需要がある。

出版社側にとっては、新人の発掘や作品の確保のために従業員を配置する必要がなくなるため、結果として人件費の削減につながる。

代理人となるための資格や法的な許可などは存在しないが、2年以上の業務経験と倫理規定に合意した代理人の協会として「Association of Authors' Representatives(AAR)」が存在し、ここに加盟していればある程度の信頼は保証される。

編プロ・出版社との違い[編集]

編集者編集プロダクション)との違いは、代理人は交渉や著作権の管理、広報活動であり、著作物の内容には立ち入らない。編集が必要な場合は編集者や編プロを手配する。

出版社との違いは、代理人は編プロや装丁家を紹介することはあっても、自ら雇ったり出版することはない(報酬や費用は出版社か著者が支払う)。しかし契約者を増やすため、既存作家との契約維持だけでなく、新人の発掘(新人賞の創設など)をする点は共通している。

フリーランスの場合は自由に業務範囲を決められるため、椎名ゆかりのように翻訳まで手がける代理人も存在する。

専門化[編集]

代理人にも得意とする分野があり、美術書や学術出版、漫画専門など分野に特化した代理人が存在する。特に出版社に代わって翻訳権の取得や未翻訳書の発掘・紹介を専門にする「著作権仲介エージェント」は、代理人ビジネスが一般的でない日本でも1940年代から存在していた。また仲介エージェントにも日本の漫画の翻訳権を専門するなど、さらに細分化が進んでいる。

影響[編集]

J・K・ローリングの『ハリー・ポッターと賢者の石』は1995年に完成していたが、当初児童向けにしては長すぎたため持ち込んだ12の出版社に断られた。しかし代理人のクリストファー・リトルは新人による児童書の出版に取り組んでいた出版社を探し出し、1997年に出版を実現[5]させるなど、代理人の努力によってヒット作が生まれることもある。

著者・作品に対して大きな影響力を持つ代理人ではあるが、基本的に契約関係であるため前述のクリストファーのように関係悪化を理由に契約を解除されることもある[6]

日本[編集]

日本の出版界では、著者は出版社の編集者と直接連絡を取り合って出版までこぎ着けるのが慣例であり、仲介エージェントは存在していた[7]が、欧米的な契約形態の代理人は存在しなかった。しかし1998年に早川書房の編集者だった村上達朗ボイルドエッグズを設立して以降、出版社の編集者が独立して代理人業を始める例が増えている[8]

日本では歴史が浅いため「出版エージェント」「出版コンサルタント」など名称も様々であり、編集プロダクションとの区分けも曖昧である[9]

なおボイルドエッグズの契約第一号となった三浦しをんが日本で初めて代理人を仲介してデビューした作家である。他には万城目学滝本竜彦などが、同様なルートでデビューを果たした[10]

出版業以外[編集]

欧米では映画舞台の業界でも、脚本家や劇作家と制作会社の仲介する代理人が存在する。特に巨大産業であるハリウッド映画では欠かせない存在である。前述のAARには脚本家や劇作家の代理人も加盟できる。

写真エージェンシーのなかには著作権管理だけをする会社も存在している。

主な著作権エージェント[編集]

主な著作権仲介エージェント[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 個人ではなく組織の場合は「著作権エージェンシー(Literary Agency)」
  2. ^ literary agent goo辞書
  3. ^ 欧米では交渉によって決める出版社も多い。
  4. ^ 欧米ではハードカバーとペーパーバックは別契約であり、複数の出版社から同じ内容のペーパーバックが刊行されることもある。
  5. ^ The eight-year-old girl who saved Harry Potter” (英語). The New Zealand Herald紙(2005年7月3日). 2012年5月19日閲覧。
  6. ^ 「ハリポタ」原作者のJ・K・ローリングさん、16年間連れ添ったエージェントと決別
  7. ^ 編集者との密な関係で、作品とのベストマッチを探る 著作権仲介エージェント 玉置真波
  8. ^ 作家のエージェント会社「コルク」――安野モヨコ、小山宙哉、伊坂幸太郎さんら賛同
  9. ^ 出版コンサルタント、出版プロデューサー、出版エージェント 一覧:日本著者販促センター - この一覧には編プロも含まれている。
  10. ^ 3人ともボイルドエッグズが発掘したが、三浦は草思社、万城目は産業編集センター、滝本は角川書店からの出版となっている。
  11. ^ 株式会社アップルシード・エージェンシー
  12. ^ 株式会社コルク
  13. ^ 日本ユニ・エージェンシー
  14. ^ タトル・モリ エイジェンシー

関連項目[編集]

リンク[編集]