O・A・クライン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

オーティス・アデルバート・クラインOtis Adelbert Kline1891年 - 1946年)は、パルプ雑誌全盛期に活躍したアメリカ合衆国SF作家冒険小説家、著作権代理人(literary agent)。ただし2009年9月現在、日本語訳されている作品は『火星の無法者』と『火星の黄金仮面』の2作しかない。

作品の多くは、パルプ雑誌「ウィアード・テールズ(Weird Tales)」に発表された。

バローズとの確執[編集]

クラインについては、エドガー・ライス・バローズとの文芸上の確執について語られることが多い。

クラインはいわゆる“惑星間のロマンス”が既存のジャンルとなるはるか前の1929年に、金星を舞台にしたSF冒険小説「Planet of Peril」を発表した。これによりクラインに自分の縄張りであるSFものの領域を荒らされたと感じた「火星シリーズ」の作者バローズは、「金星シリーズ」を書き始める。それに対してクラインの出した答えは、より多くより直接的な「侵入」であった。クラインは火星を舞台にした更に2篇の小説を発表したのである。また、バローズの「ターザン」シリーズを容易に連想させる、白人が主人公のジャングル冒険譚をも続けざまに執筆した。しかし、この確執の証拠は間接的なものしかなく、二人の作家が死去した後まで、この確執が本当に存在したのかどうかは明らかにはされなかった。

ハワードとの交友[編集]

1930年代半ばからクラインは、友人であったロバート・E・ハワードの著作権代理人としての職に集中するために、執筆活動をやめている。

クラインはこの職に、1933年春から、ハワードが死ぬ1936年6月まで従事し、更にその後は彼の遺産管理者を務めた。

主な著書[編集]

金星シリーズ(Venus series)[編集]

  • Planet of Peril (1929年)
  • The Prince of Peril (1930年)
  • The Port of Peril (1932年)

火星シリーズ(Mars series)[編集]

  • The Swordsman of Mars (1933年)
  • The Outlaws of Mars (1933年)

その他[編集]

  • Maza of the Moon (1930年)
  • The Call of the SavageJan of the Jungle) (1931年)
  • Tam, Son of the Tiger (1931年)
  • Stolen Centuries (1939年)
  • Jan in India (1935年)
  • The Man Who Limped and Other Stories (1946年):短編集