臭化カルシウム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
臭化カルシウム
識別情報
CAS登録番号 7789-41-5 チェック
22208-73-7 (二水和物)
PubChem 24680
RTECS番号 EV9328000
特性
化学式 CaBr2
モル質量 199.89 g/mol (無水)
235.98 g/mol (二水和物)
外観 吸湿性のある透明な結晶。無臭で、鋭い塩味がある。
密度 3.353 g/cm3
融点

730℃

沸点

1,935℃ (無水)
810℃(二水和物、分解を伴う)

への溶解度 125 g/100 mL (0 ℃)
143 g/100 ml (20℃)
312 g/100 mL (100℃)
アルコール, アセトンへの溶解度 可溶
酸解離定数 pKa 9
構造
結晶構造 偏菱形
危険性
主な危険性 加熱により、有害なフュームが発生する場合あり
NFPA 704
NFPA 704.svg
0
1
0
半数致死量 LD50 4,100 mg/kg (ラット、経口投与)
1,580 mg/kg (マウス、皮下注射)
関連する物質
その他の陰イオン 塩化カルシウム
フッ化カルシウム
ヨウ化カルシウム
その他の陽イオン 臭化ナトリウム
臭化マグネシウム
臭化亜鉛
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

臭化カルシウム(しゅうかカルシウム、Calcium bromide)はカルシウム臭化物で、化学式CaBr2で表される。無水のものと、二水和物とがある。

用途[編集]

塩酸ジフェンヒドラミンと配合して、アレルギー鼻炎用医薬品(レスカルミン)に使用される。

危険性[編集]

不燃性であるが、加熱や強酸との接触により有害なフュームが生じる。吸入により咳、皮膚の接触や眼に入ることにより発赤や痛み、経口投与により喉の痛みや吐き気などの症状が現れる[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]