臭化亜鉛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
臭化亜鉛
{{{画像alt1}}}
識別情報
CAS登録番号 7699-45-8 チェック
PubChem 24375
RTECS番号 ZH1150000
特性
化学式 ZnBr2
モル質量 225.198 g/mol
外観 白色の結晶または粉末
密度 4.20 g/cm3 (20 °C)
4.22 g/cm3 (25 °C)
融点

394 °C

沸点

697 °C

への溶解度 31.1 g/100 mL (0 °C)
44.7 g/100 mL (20 °C)[1]
53.8 g/100 mL (100 °C)
溶解度 アルコールエーテルアセトンに可溶
屈折率 (nD) 1.5452
危険性
MSDS External MSDS
引火点 (不燃性)
関連する物質
その他の陰イオン フッ化亜鉛,
塩化亜鉛,
ヨウ化亜鉛
その他の陽イオン 臭化カドミウム,
臭化水銀,
臭化カルシウム
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

臭化亜鉛(しゅうかあえん、: Zinc bromide)は、亜鉛臭化物で、化学式はZnBr2で表される。

用途[編集]

ルイス酸として有機化学の分野で用いられるほか、放射線の遮蔽、クリスタル・ガラス透明性の調整、二次電池の製造などに使用される。

危険性[編集]

不燃性であるが、分解点以上に熱すると臭素と酸化亜鉛に分解する。潮解性があり、水との接触により発熱する。皮膚への腐食性があり、吸入あるいは眼に入ることにより、粘膜を損傷する。経口摂取した場合には腹痛や嘔吐、昏睡、麻痺などの症状が生じることがある[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Pradyot Patnaik, 2003, Handbook of Inorganic Chemicals, McGraw-Hill Professional, ISBN 0070494398
  2. ^ 製品安全データシート(純正化学株式会社) (PDF)