カルシウムシアナミド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カルシウムシアナミド
識別情報
CAS登録番号 156-62-7 チェック
PubChem 4685067
ChemSpider 21106503 チェック
UNII ZLR270912W チェック
EINECS 205-861-8
国連番号 1403
RTECS番号 GS6000000
特性
化学式 CaCN2
モル質量 80.102 g/mol
外観 白色固体
(不純物により灰色~黒色の場合有)
匂い 無臭
密度 2.29 g/cm3
融点

1340 °C [1]

沸点

1150-1200 °C (sublim.)

への溶解度 分解
危険性
MSDS ICSC 1639
EU分類 有害性 (Xn)
刺激性 (Xi)
EU Index 615-017-00-4
NFPA 704
NFPA 704.svg
0
3
1
W
Rフレーズ R22 R37 R41
Sフレーズ (S2) S22 S26 S36/37/39
引火点 不燃性
関連する物質
関連物質 シアナミド
炭化カルシウム
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

カルシウムシアナミド (calcium cyanamide) は化学式 CaCN2 で表される化合物である。白色石灰窒素(はくしょくせっかいちっそ)とも呼ばれる。石灰窒素の有効成分であり、肥料として用いられる。シアナミドのカルシウム塩である。

カルシウムカーバイドと窒素分子を2気圧で加熱することで得られる。

CaC2 + N2 → CaCN2 + C

この反応を促進する目的で蛍石 CaF2 を少量加えることがある。蛍石はこの場合触媒として作用するが、一般的な触媒と違い系内に残留しない。反応は以下のように進むと考えられている。

CaC2 + N2 → CaC2・N2 (吸着化合物) → Ca(CN)2 → CaCN2 + C

この反応は発熱的であるため、一度開始させれば完了するまで自発的に進む。

純粋なものは以下の高温固相-気相反応によって製造される。

CaCO3 + 2NH3 → CaCN2 + 3H2O

この反応は実験室規模では可能であるものの、工業的には行われていない。左側に進む逆反応を利用してかつてアンモニアを製造していた。

出典[編集]

  1. ^ Pradyot Patnaik. Handbook of Inorganic Chemicals. McGraw-Hill, 2002, ISBN 0-07-049439-8

外部リンク[編集]