クロム酸カルシウム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クロム酸カルシウム
識別情報
CAS登録番号 13765-19-0
PubChem 26264
EINECS 237-66-8
RTECS番号 GB2750000
特性
化学式 CaCrO4
モル質量 156.072 g/mol
外観 黄色の粉末
密度 3.12 g/cm3
融点

2,710℃

への溶解度 4.5 g/100 mL (0℃)
2.25 g/100 mL (20℃)
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

クロム酸カルシウム(クロムさんカルシウム、 Calcium chromate)はカルシウムクロム酸塩。鮮やかな黄色の粉末で、化学式はCaCrO4で示される。

性質[編集]

通常は二水和物の状態で存在し、200℃で無水物となる。酸化性があり、有機物や還元剤と反応する。特にヒドラジンとは爆発的に反応する。ホウ素と混合すると激しく燃焼する。六価クロムの一つであり、日本の毒物及び劇物取締法では劇物に分類されている。ラットを用いた経口投与試験では、半数致死量が108ないし249mg/kgであった[1]

用途[編集]

C.I.ピグメントイエロー33の名称で黄色の顔料として用いられるほか、金属の止め処理などにも使われる。以前は溶融塩電池にも使われていたが、近年ではリチウム・硫黄系の電池が主流となり、クロム酸カルシウムは次第に使われなくなってきている。

脚注[編集]

[ヘルプ]