シアン化カルシウム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シアン化カルシウム
calcium cyanide
識別情報
CAS登録番号 592-01-8 チェック
特性
化学式 Ca(CN)2
外観 無色ないし白色の固体
匂い アーモンド
密度 1.853 g/cm3
融点

350 °Cで分解

への溶解度 (激しく反応)
溶解度 アルコールに可溶
危険性
引火点 (不燃性)
半数致死量 LD50 39 mg/kg(ラット、経口)
関連する物質
その他の陰イオン 塩化カルシウム
ヨウ化カルシウム
その他の陽イオン シアン化亜鉛
シアン化カドミウム
シアン化マグネシウム
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

シアン化カルシウム(シアンかカルシウム、: calcium cyanide)はカルシウムシアン化物で、化学式 Ca(CN)2 で表される無機化合物

用途[編集]

燻蒸剤、除草剤殺鼠剤セメント安定剤およびステンレス鋼の製造に利用される[1]

安全性[編集]

シアン化合物であり、日本の毒物および劇物取締法では毒物に分類される。ラットに経口投与した場合の半数致死量(LD50)は39mg/kgで、皮膚からも吸収されることがある。摂取すると特に中枢神経系や心血管系、長期間曝露すると甲状腺に影響が生じる。シアン化カルシウム自体は不燃性であるが、350°Cで分解し、窒素酸化物シアン化水素などの有毒ガスを生じる。空気中の水分二酸化炭素や酸性のと反応し、火災や爆発の可能性がある[1][2]

脚注[編集]

  1. ^ a b 製品安全データシート(安全衛生情報センター)
  2. ^ 国際化学物質安全性カード(国立医薬品食品衛生研究所)