聶耳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
聶耳

聶 耳(じょう じ、ニエ アル、拼音: Niè Ěr、原名:聶 守信、字は子義、1912年2月14日 - 1935年7月17日)は中国作曲家中華人民共和国国歌義勇軍進行曲』の作曲者として知られる。

経歴[編集]

雲南省昆明生まれ。幼少の頃から楽器に親しみ、師範学校時代には共産主義活動に目覚める。卒業後は、主に上海を拠点に「採掘の歌」「波止場労働者の歌」など左翼映画演劇の楽曲を数多く作曲した。

1933年中国共産党に入党する。周囲の左翼文化人たちが国民党当局に次々と拘束され獄死する中、盟友の劇作家・詩人の田漢も逮捕。近日中に聶耳逮捕予定との情報を受けて、1935年4月に日本滞在中の兄を頼って来日する(この来日は一般に「日本への亡命」と説明される事が多いが、最終的には日本を出てソ連に留学する予定であったともされる)。『義勇軍進行曲』は抗日映画『風雲児女』の主題歌として、田漢が獄中から密かに送った歌詞に合わせて、日本滞在中に最終的に書き上げたと言われている。

1935年7月17日の午後、神奈川県高座郡藤沢町湘南海岸鵠沼海岸)にて友人と遊泳中に行方不明になり、翌日水死が確認された(中台関係が緊張すると、彼の最期を国民党による謀殺とする説が出てくるが、当時捜索に携わった地元関係者は他の水死者と特に変わった点はなかったと証言している)。享年24。遺骨は1937年に聶耳の友人の留学生たちが出身地の昆明に持ち帰り、西山美人峰に埋葬された。

エピソード[編集]

聶耳記念碑
  • 彼の死後、『義勇軍進行曲』は1949年9月27日中国人民政治協商会議第1回全体会議で中華人民共和国の暫定国歌として決議された(その後の『義勇軍進行曲』の国歌としての扱いの変遷は「義勇軍進行曲」の項を参照)。
  • 湘南海岸公園には1954年(昭和29年)11月1日に藤沢市民有志により山口文象デザインの耳の字をかたどった記念碑と秋田雨雀撰、豐道春海筆の碑文が建てられ、李徳全(中国紅十字代表)による除幕式が行われた。この碑は1958年の台風22号(狩野川台風)により破損したため、1965年に再建され、郭沫若の揮毫による「聶耳終焉之地」の記念碑が建てられて9月18日に再建除幕式が行われた。さらに1986年に没後50周年記念事業として聶耳記念広場が整備され、菅沼五郎によるレリーフと藤沢市長葉山峻の解説碑が建てられた。2010年12月11日、聶耳記念広場に聶耳の生涯や功績を中国語で刻んだ石碑が完成。中国大使館員ら関係者を招いて除幕式が行われた。なお、藤沢市と昆明市は聶耳の生没地の縁で、1981年友好都市提携を結んでいる。

外部リンク[編集]