聖母被昇天学院女子短期大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
聖母被昇天学院女子短期大学
大学設置 1967年
創立 1839年
学校種別 私立
設置者 学校法人聖母被昇天学院
本部所在地 大阪府箕面市如意谷1-13-23
学部 英語科
心理学科
ウェブサイト 聖母被昇天学院女子短期大学公式サイト
テンプレートを表示

聖母被昇天学院女子短期大学(せいぼひしょうてんがくいんじょしたんきだいがく、英語: Assumption Junior College[1])は、大阪府箕面市如意谷1-13-23に本部を置いていた日本私立大学である。1967年に設置された。大学の略称は聖母被昇天。学生募集は2003年度まで。2004年度より学生募集を停止し、2005年7月29日正式廃止[2]

概要[編集]

大学全体[編集]

  • 学校法人聖母被昇天学院により1967年に設置された日本私立短期大学。キャンパスは大阪府箕面市にあり当初は英語科のみだったが、最終的には心理学科の増設により2学科となった。入学定員は英語科で140名となっていたが、2001年度に増設された心理学科のそれが70名に設定されたため、英語科の定員が70名となった。

建学の精神(校訓・理念・学是)[編集]

  • 「誠実・喜び・隣人愛」

教育および研究[編集]

  • 当初の専門教育は、英語のみであったが後に心理学に関する専門教育も行われるようになった。英語科には「観光」と「コミュニケーション」の各コースがあった[3]
  • 一般教育科目には「キリスト教概説」と称した科目があった

学風および特色[編集]

沿革[編集]

  • 1839年 フランスにおいて「聖母被昇天修道会」が創設される。
  • 1967年 被昇天女子短期大学(ひしょうてんじょしたんきだいがく)として開学。英語科を置く(49人が在籍[4]
  • 1987年 聖母被昇天学院女子短期大学に名称変更される。
  • 2001年 心理学科を増設。
  • 2003年 学生募集最後となる。
  • 2005年7月29日正式廃止[2]

基礎データ[編集]

所在地[編集]

  • 大阪府箕面市如意谷1-13-23

象徴[編集]

  • 聖母被昇天学院女子短期大学のカレッジマークは聖母マリアの「M」と、その尊称として伝統的に与えられている「レジナ・チェリ(Regina-Caeli)」の頭文字である「R」を組み合わせたものの上部にティアラの絵をデザインしたものとなっていた。ちなみに、ティアラは、聖母マリアが地上において全ての人の母として讃えられる存在であることを示している[3]

教育および研究[編集]

組織[編集]

学科[編集]

  • 英語科:
  • 心理学科

専攻科[編集]

  • なし

別科[編集]

  • なし

取得資格について[編集]

研究[編集]

学生生活[編集]

部活動・クラブ活動・サークル活動[編集]

学園祭[編集]

  • 「紫苑祭」

大学関係者と組織[編集]

大学関係者組織[編集]

  • 卒業生は「聖母被昇天同窓会」に所属している。

大学関係者一覧[編集]

大学関係者[編集]

歴代学長

施設[編集]

キャンパス[編集]

  • 聖堂・図書館・体育館・学生ラウンジほか。殆どの施設は元々系列校と一緒に使用していたものであり、現存する。

学生食堂[編集]

  • あり

対外関係[編集]

他大学との協定[編集]

イギリス[編集]

オーストラリア[編集]

系列校[編集]

卒業後の進路について[編集]

就職について[編集]

編入学・進学実績[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ CiNii 雑誌-聖母被昇天学院女子短期大学紀要より
  2. ^ a b 平成23年度『全国短期大学高等専門学校一覧』283頁より。
  3. ^ a b c d e f 2000年度入学案内小冊子より。
  4. ^ 昭和43年度版『全国学校総覧』39頁より。

関連項目[編集]

関連サイト[編集]