群創光電

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
群創光電股份有限公司
Innolux Corporation
種類 電機電子
市場情報 台湾証券取引所3481、ロンドン証券取引所ILDS
略称 Innolux
本社所在地 台湾の旗 台湾
苗栗県竹南鎮
設立 2003年1月14日
業種 液晶画面
事業内容 電機電子
代表者 会長:段行建、社長:王志超
売上高 731.29億NTD(2011年)
従業員数 93,000人
主要株主 フォックスコン
外部リンク http://www.innolux.com
テンプレートを表示
群創光電
各種表記
繁体字 群創光電
簡体字 群创光电
拼音 Qúnchuāng Guāngdiàn
英文 Innolux Corporation
テンプレートを表示

群創光電(中国語:群創光電股份有限公司、英文社名:Innolux Corporation)は、台湾フォックスコングループの液晶パネル製造会社。世界三大液晶パネル製造会社の一つである。本社は台湾苗栗県竹南鎮新竹科学工業園区竹南園区にある。日本語では英文社名のイノラックスとも呼ばれる場合もある。

2003年創業。2010年に奇美電子(チーメイ電子)と統宝光電(トポリー)を買収し、一旦社名を奇美電子(この時の英文社名はChimei Innolux)としたが、2012年12月に再び社名を群創光電(Innolux Corporation)に戻した[1]

2013年現在、台湾に液晶パネルの生産工場を14ヶ所に所有し、中国にも深圳寧波南京南海上海等に生産拠点を持っている。

沿革[編集]

1998年8月、奇美電子(チーメイ電子、Chi Mei Optoelectronics)創業。1999年12月、統宝光電(トポリー、TPO Displays)創業。

2003年1月14日にフォックスコングループの子会社として、群創光電(Innolux Display Corp.)が設立された。

2006年10月、台湾証券取引所に上場。

2010年に(旧)奇美電子と統宝光電を買収し、合併後の社名を一旦奇美電子(この時の英文社名はChimei Innolux)としたが、2012年12月に再び社名を群創光電(Innolux Corporation)に戻した。

主な生産工場[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 日本経済新聞「台湾の奇美電子、群創光電に社名変更 19日付」[1]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]