Realtek

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Realtek Semiconductor Corp.
種類 株式会社
本店所在地 台湾
設立 1987年
業種 製造
事業内容 半導体・PC関連機器製造
代表者 葉博任(Po-Len Yeh)
売上高 295000000USD
外部リンク http://www.realtek.com.tw/
テンプレートを表示
瑞昱半導体股份有限公司
Realtek building.jpg
各種表記
繁体字 瑞昱半導體股份有限公司
簡体字 瑞昱半导体份有限公司
拼音 Ruìyù Bàndǎotǐ Gǔfènyǒuxiàngōngsī
英文 Realtek Semiconductor Corporation
テンプレートを表示

Realtek Semiconductor Corp.(リアルテック・セミコンダクター)は、台湾に本社を置く半導体・その他コンピュータ関連機器メーカー。1987年に設立され、1999年には台湾株式市場に上場した。2005年現在、社員約950名。

製品にプリントされるロゴのデザインから、日本国内では別称として「カニ」もしくは「カニチップ」と称されることも多い。

事業内容[編集]

現在同社は台湾アメリカ日本をはじめとするさまざまな国における企業、市場に自社製品を供給している。日本では主に廉価なLANボードに搭載されるネットワークコントローラ、ミドル~ハイエンドマザーボードに搭載されるマルチメディアコントローラチップ(たいていはデジタル5.1ch以上の音声出力を有している)として目にする機会が多い。

実際に同社は安価な価格設定の下で、10/100Mイーサネットコントローラでは世界シェア70パーセント、AC'97マルチメディアコントローラで世界シェア50パーセントを有している。

カニのロゴ[編集]

Realtek社製品はカニを模した独特のロゴの知名度が非常に高い。このロゴについては様々な噂が存在するが、同社は「カニの力強さや忍耐力・適応力を象徴しており、予想を超えるサイクル・スピードや熾烈な競争を強いられる業界で、豊富な知識と強力で高度な技術を駆使することにより、きわめて困難な状況においても常に発展と成功への道を追い求めるカニでありたい、という願いを込めてこのロゴが選ばれました。」と説明している。

主要製品[編集]

ネットワークコントローラチップ[編集]

RTL8111B GbE Controller

Realtekの代表的な製品であり、低価格ネットワークコントローラのデファクトスタンダードとなっている。

10BASE製品[編集]

  • RTL8019シリーズ (ISAバス対応)
  • RTL8029シリーズ (PCIバス対応)

100BASE製品[編集]

  • RTL8139/8100シリーズ (PCIバス対応)
  • RTL8201シリーズ (物理層チップ)

1000BASE製品[編集]

  • RTL8169/8110シリーズ (PCIバス対応)
  • RTL8111シリーズ (PCI Expressバス対応)
  • RTL8211シリーズ (物理層チップ)

最初期のRTL8169は論理層のみであり、別途に物理層チップを必要とする2チップ構成の製品だったが、RTL8169S以降は物理層も統合したワンチップ製品となっている。

オーディオコーデックチップ[編集]

ALC888 HD Audio Codec

AC'97およびHD Audio対応のアナログコーデックチップを手がけている。 各シリーズ製品の型式はAC'97用とHD Audio用で区別はされず、三桁の型式の一桁目の数字が出力チャンネル数を示す。 Realtekのオーディオコーデックチップ事業はAvance Logic社から買収した事業が元となっている。

  • ALC2XXシリーズ(2ch出力対応)
  • ALC6XXシリーズ(5.1ch出力対応)
  • ALC8XXシリーズ(7.1ch出力対応)

その他[編集]

RTM866-895 PLLIC

他多数。

評価[編集]

同社は有線LAN ICおよびオーディオコーデックにおいて世界市場でのシェアNo.1を獲得しており、世界的に見ても成功しているICメーカーの一社である[1]。特に低価格市場ではデファクトスタンダードと言うべき評価を獲得しており、日本国内メーカーのPCおよび組込システムからの採用も非常に多い。また周辺機器メーカーの販売するエンドユーザー向けネットワークカードにも多く採用されている。

反面、PCマニアには低価格を主力とする同社のイメージを嫌う層も存在する。その現れとして、サーバ市場などに強みを持つインテル社製ネットワークカード製品がRealtek社製品と同価格帯となった際、Realtek社製品を強く否定する広告がパソコンパーツショップにおいて出されたこともあった[2]

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]