High Definition Audio

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アナログコーデックチップの例 (Realtek ALC882)

High Definition Audio(ハイディフィニション オーディオ)はAudio Codec 97 (AC'97) の後継規格としてインテルが提唱したサウンドインターフェースの標準規格である。2004年に最初のRev.1.0が発表され、現在のPCサウンド機能の主流となっている。一般にHD Audio(エイチディー オーディオ)またはHDA(エイチディーエー)と略称されることが多く、本項においても以降はHD Audioと略称する。開発時はコードネームAzalia(アザリア)と呼ばれ、一部マザーボードBIOSではそちらで表記されている製品も存在する。

概要[編集]

1996年に制定されたAC'97は短期間で広く普及しPCサウンド機能の主流となっていた。しかしAC'97規格上では高ビットレートコンテンツへの対応などに限界があり、拡大するPCのマルチメディア用途に対応する為の後継規格としてHigh Definition Audioがインテルにより制定された。従来のAC'97と同様に論理コントローラとアナログコーデックを分離する構造を採っている。アナログコーデックチップはAC'97と外見的に酷似しているが電気的な互換性は無い。また、システム基板上に実装されるフロントオーディオジャック用ピンヘッダの配列もAC'97とは互換性が無い。

規格上ではAC'97を圧倒し本格オーディオ機器にも匹敵する高音質データを扱えるスペックであるが、実際の音質にはハードウェアの実装が大きく影響する。また、HD Audioは規格上の上限値としてステレオ192KHz/32bitのデータストリームまで対応しているが、全てのHD Audio対応機器がこのようなストリームを扱えることを意味するものではない点に注意が必要である。

HD Audio規格の特徴[編集]

  • 192KHz/32bitまでのデータストリームに対応
  • 96KHz/32bitでの8チャンネルサラウンドに対応
  • 15ストリームまでの並行処理に対応
  • アレイマイクによる複数チャンネルでの同時入力に対応
  • 48Mbit/s帯域の専用バスでアナログコーデックと論理コントローラをリンク
  • 接続端子の割り当て変更機能によるユーザビリティの向上
  • ハードウェア互換性の向上

普及[編集]

HD Audioは2004年に発表されたインテル社のI/Oコントローラハブ ICH6に搭載されて登場した。その後も搭載製品は増え、2006年ころにはほぼAC'97を置き換えることに成功している。

HD Audio規格準拠アナログコーデックチップを製造している主なメーカー[編集]

関連項目[編集]