粕谷一希

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

粕谷 一希(かすや かずき、1930年2月4日 - 2014年5月30日)は東京府出身の評論家編集者、出版事業家。都市出版株式会社相談役保守派の編集者として多くの書き手を送り出し、戦後日本の論壇に保守主義現実主義の潮流を築いた[1]

来歴・人物[編集]

東京雑司が谷に生まれる。東京府立第五中学校一高を経て、東京大学法学部卒業。学生時代には河合栄治郎和辻哲郎波多野精一猪木正道蠟山政道丸山眞男の著作を読み、高坂正顕鈴木成高西谷啓治高山岩男など敗戦後否定されていた京都学派の戦中の本を読んだ[1]

1955年中央公論社に入社。「中央公論」編集部を振り出しに社内を転々と移る。その保守的思想を嶋中鵬二に見込まれ、1961年嶋中事件発生により「中央公論」編集部次長に抜擢される。

1967年から「中央公論」編集長。永井陽之助高坂正堯萩原延寿山崎正和塩野七生庄司薫高橋英夫白川静などを世に送り出す。

思想の科学天皇制特集号廃棄事件で執筆者陣や労働組合の抗議を受け、『中央公論』編集長を解任されて同誌から派生した月刊誌『歴史と人物』編集長に就任。3年で『中央公論』編集長に返り咲く。しかし1976年、山口昌男の連載時評(著書『知の遠近法』岩波書店に所収)の最後の二回で、天皇制を文化人類学的に論じ、部下がこれを掲載差し止めする事件が起き、編集長を解任される。粕谷は、読んでいないが、自分が読んでも書き直しをお願いしたかもしれないと言っている[2]

1978年、労働争議に関連して辞表を提出。フリーとなり、1980年、最初の著書『二十歳にして心朽ちたり』を上梓。1982年、江藤淳は「ユダの季節」を書いて、粕谷、中嶋嶺雄、山崎正和が徒党を組んで仲間褒めをしていると批判した[3]

1986年、「東京人」誌を創刊。1987年、都市出版株式会社を創業し、同社の代表取締役社長を長く務めた(そのときの部下に坪内祐三がいる)。その後、相談役。

竹山道雄著作集、猪木正道著作集、高坂正堯著作集の出版にも携わった[1]

2014年5月30日午後6時、心不全のため東京都豊島区の病院で死去[4]。84歳没。

著書[編集]

  • 『二十歳にして心朽ちたり』新潮社 1980。洋泉社MC新書 2007 
  • 『戦後思潮 知識人たちの肖像』日本経済新聞社 1981。藤原書店 2008(改訂版)
  • 『対比列伝 戦後人物像を再構築する』新潮社 1982
  • 『都会のアングル』TBSブリタニカ 1983
  • 河合栄治郎 闘う自由主義者とその系譜』日本経済新聞社 1983
  • 『面白きこともなき世を面白く 高杉晋作遊記』新潮社 1984
  • 『東京あんとろぽろじい 人間・時間・風景』筑摩書房 1985
  • 『歴史の読み方 対談書評』筑摩書房 1992。10名の学者・言論人との対話
  • 『中央公論社と私』文藝春秋 1999
  • 『鎮魂吉田満とその時代』文春新書 2005
  • 『反時代的思索者 唐木順三とその周辺』藤原書店 2005
  • 『作家が死ぬと時代が変わる 戦後日本と雑誌ジャーナリズム』日本経済新聞社 2006
  • 内藤湖南への旅』藤原書店 2011
  • 『〈座談〉 書物への愛』藤原書店 2011。8名の作家・編集者らとの対話
  • 『歴史をどう見るか 名編集者が語る日本近現代史』藤原書店 2012
  • 『生きる言葉 名編集者の書棚から』藤原書店 2014。編著
  • 『粕谷一希随想集』(全3巻)、藤原書店 2014.5・7・9
    • I 忘れえぬ人びと、II 歴史散策、III 編集者として

脚注[編集]

  1. ^ a b c 根津朝彦「編集者粕谷一希と『中央公論』―「現実主義」論調の潮流をめぐって―」『総研大文化科学研究』4号、2008,総合研究大学院大学文化科学研究科
  2. ^ 『中央公論社と私』文藝春秋 1999
  3. ^ 江藤淳「ユダの季節」1982年、『批評と私』所収
  4. ^ 訃報:元「中央公論」編集長、粕谷一希さん死去 84歳