第2レンジャー大隊 (アメリカ軍)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
第2レンジャー大隊
2nd Ranger Battalion
2 Ranger Battalion Shoulder Sleeve Insignia.svg
第2レンジャー大隊肩章
創設 1943年 - 1945年
1974年 -
所属政体 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
所属組織 アメリカ陸軍
部隊編制単位 大隊
兵種/任務/特性 歩兵 (レンジャー)
編成地 ワシントン州フォート・ルイス英語版
標語 「レンジャーが道を拓く」
"Rangers Lead The Way"
上級単位 第75レンジャー連隊
主な戦歴 第二次世界大戦
グレナダ侵攻
パナマ侵攻
湾岸戦争
アフガニスタン紛争 (2001年-)
イラク戦争
テンプレートを表示

第2レンジャー大隊2nd Ranger Battalion)は、アメリカ陸軍が有する大隊の1つ。第75レンジャー連隊の隷下部隊で、ワシントン州フォート・ルイス英語版に駐屯する。

歴史上、第2レンジャー大隊という名称の部隊は2度編成されている。初代は第二次世界大戦中に存在した6個レンジャー大隊の内の1つで、2代目は1974年に復活した第75レンジャー連隊隷下の大隊である。

歴史[編集]

初代(1943年 - 1945年)[編集]

ポワント・デュ・オックで爆破筒を使用する部隊

1943年4月1日、第2レンジャー大隊(ラダーズ・レンジャーズ Rudder's Rangers)はテネシー州キャンプ・フォレスト英語版で、第5レンジャー大隊と共に創設された。両大隊は1943年9月に編成完結し、オーバーロード作戦に備えてイギリスに派遣された。

1944年6月6日、ジェームズ・ラダー英語版大佐に率いられたドッグ、イージー、フォックス中隊は、イギリス軍の操作する上陸用舟艇からポワント・デュ・オック英語版に上陸した。攻撃の間、225名が崖を登った。しかしながら2日間の激戦後健在であったのはそのうちの90名に過ぎなかった。彼らはドイツ軍の砲台を使用不能とし、フランス侵攻への道を開いた。

その間、第5レンジャー大隊と共に上陸したエイブル、ベイカー、チャーリー中隊は、第1歩兵師団および第29歩兵師団英語版と共にあった。彼らは多数の死傷者を生じたものの、D-デイの目的を完了することができた。第2レンジャー大隊はその後ブレストの戦い英語版およびヒュルトゲンの森の戦いに参加した。戦後、第2大隊は第5および第6大隊英語版と共に解隊された。

2代目(1974年 - )[編集]

1974年、第1レンジャー大隊英語版再創設の8か月後にエリート偵察部隊として第2レンジャー大隊が再創設された。部隊はその後特殊作戦部隊に変更され、1984年に第75レンジャー連隊隷下の部隊となった。

NFL選手であったパット・ティルマンは、第2レンジャー大隊A中隊で勤務し、2004年4月22日にアフガニスタンで友軍の誤射により死亡した。彼はNFLで350万ドルの継続契約を受ける代わりに陸軍に入隊した。彼がそのような選択を行ったことは、レンジャーズが尊敬される存在として知られていることを意味する。

大衆文化の中で[編集]

ゲーム『メダル・オブ・オナー アライドアサルト』にて、主人公のマイク・パウエル中尉がオーバーロード作戦(ノルマンディー上陸作戦)にて第二レンジャー大隊に配属される。

ゲーム、コール オブ デューティ2ではプレーヤーがドッグ中隊のビリー・テイラー伍長レオナード・ロメル英語版をモデルとしている)として、ポワント・デュ・オックの戦い、ヒュルトゲンの森の戦い、ライン川渡河をプレーする。

映画『プライベート・ライアン』のジョン・ミラー大尉(トム・ハンクス)は、第2レンジャー大隊のチャーリー中隊隊長である。(実際の中隊長はゴランソン大尉)

映画『コン・エアー』では、ニコラス・ケイジ演じるキャメロン・ポーは第2レンジャー大隊の退役軍人であった。

外部リンク[編集]