石井四郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
石井 四郎
Shiro-ishii.jpg
陸軍軍医学校の防疫研究室にて(1932年)
生誕 1892年6月25日
千葉県 山武郡芝山町
死没 1959年10月9日(満67歳没)
東京都
所属組織 大日本帝国陸軍の旗 大日本帝国陸軍
軍歴 1921 - 1945
最終階級 陸軍軍医中将
除隊後 旅館経営
テンプレートを表示

石井 四郎(いしい しろう、1892年6月25日 - 1959年10月9日)は、日本の陸軍軍人軍医関東軍防疫給水部長、第1軍軍医部長を歴任する。最終階級は陸軍軍医中将功三級医学博士731部隊の創設者として防疫活動に従事した。

生い立ち[編集]

千葉県山武郡芝山町(加茂)の旧家主、父・石井桂と母・千代の間に四男として生まれる(長男・彪雄は日露戦争で戦死し、次男・剛男は陸軍嘱託、三男は陸軍技師として後に731部隊隊長となる)。

少年期より秀才ぶりを発揮し、県立千葉中学から金沢の四高を経て、京都帝国大学医学部を首席で卒業後、細菌学衛生学病理学の博士号を取得した。

知的だが野心的でエキセントリックな人物であったとされ、研究予算を獲得するために尿から抽出したや、汚水や尿を濾過した水をデモンストレーションで飲食する事があったという[1](なお、この濾過器は「石井式濾過器」として、後の硫黄島の戦い等、戦地での給水に活躍することになる[2])。また、京大医学部を首席で卒業しながらも、制度上、当時の軍医は中将までしか昇進出来ないことに強い不満を持ち、革新的な研究成果を欲していたとされる。また、当時の日本人としては珍しく身長は六尺(180cm)を超えていた。

731部隊[編集]

京大時代からの恩師であった清野謙次の勧めにより、石井は中国での戦線拡大に伴う日本の資源不足による苦戦を解決するため、細菌兵器に目をつけた。当時、細菌兵器はジュネーヴ議定書で戦場での使用が禁止されていたが、開発や保有は規制されていなかった。石井は、鉄資源に乏しい日本において「細菌兵器は安上がりで最も有効な兵器」と提唱し陸軍の首脳部を動かす。

1939年に発生したノモンハン事件では、関東軍防疫給水部は日本軍の出動将兵への給水活動に活躍し、石井自身も現地に赴いた。その功績により、関東軍防疫給水部は第6軍司令官だった荻洲立兵中将から衛生部隊としては史上初の感状を授与され、石井の顔写真付きで新聞報道でも取り上げられた[3]。石井個人も功四級金鵄勲章陸軍技術有功章を授章する。

戦後[編集]

戦後石井はGHQと交渉して731部隊関係者の戦犯免責を実現させている[4][要高次出典]。 その後、新宿区内で医院を開業し、近隣の住民が怪我や病気になると無償で診察、治療を行ったという。晩年にはキリスト教に入信した[5]

略歴[編集]

  • 1920年大正9年)
  • 1921年(大正10年)
    • 陸軍軍医中尉(二等軍医)となる。東京第一陸軍病院に軍医として勤務。
  • 1924年(大正13年) - 1926年(大正15年)
  • 1925年(大正14年)
  • 1927年昭和2年)
    • 6月、「グラム陽性雙球菌に就ての研究」により博士号(医学博士)を取得。京都衛戍病院勤務となる。この年、京都帝国大学総長、荒木寅三郎の娘、清子と結婚する。
  • 1928年(昭和3年)4月 - 1930年(昭和5年)4月
    • 海外視察。
  • 1930年(昭和5年)末
    • 海外視察修了・帰国する。
  • 1931年(昭和6年)
  • 1932年(昭和7年)
    • 1月、「石井式細菌培養缶」を開発。この特許を申請。翌年に認められる。
    • 4月、陸軍軍医学校防疫部の地下室に「防疫研究室」を設立。
    • 「石井式濾水機」の試作品が完成。
    • 8月、満洲へ出張。ハルビン市背陰河東方数十キロの田舎に細菌兵器防衛研究所の設立開始。機密保持のため、研究所は東郷部隊の暗号名で呼ばれ、石井は氏名を東郷と名乗る。
  • 1933年(昭和8年)
    • 3月、陸軍軍医学校において細菌学を教育する。
    • 9月30日~1934年(昭和9年)3月30日までの半年間、再び満洲に滞在。
  • 1935年(昭和10年)
  • 1936年(昭和11年)
    • 東郷部隊が正式な部隊となる。東郷部隊を母体として関東軍防疫給水部を編成。帝国陸軍の習慣によって部隊長の名を冠した「石井部隊」の通称名で呼ばれる。
  • 1938年(昭和13年)
  • 1939年(昭和14年)
  • 1941年(昭和16年)
    • 3月、陸軍軍医少将に昇進。
    • 4月、陸軍の全部隊を対象に秘匿名将である通称号が導入されたのに伴い、関東軍防疫給水部本部は「満洲第731部隊」の通称号が割り当てられる。
  • 1942年(昭和17年)
  • 1943年(昭和18年)
    • 8月、陸軍軍医学校附として東京に帰還。
  • 1945年(昭和20年)
    • 3月、陸軍軍医中将に昇進。関東軍防疫給水部長に再度就任。
    • 5月、終戦直前に満洲第731部隊を「満洲第25202部隊」と改称する。
    • 8月、ソ連軍侵攻によりハルピンを脱出し帰国。
  • 戦後、東京都新宿区若松町で旅館を経営。極東国際軍事裁判(東京裁判)で戦犯容疑を受けるが、GHQダグラス・マッカーサー司令官とチャールズ・ウィロビー少将の協議によって、詳細な研究資料を提供したため、訴追を免れたとされる[7][要高次出典]
  • 1959年(昭和34年)10月9日
  • 2003年平成15年)
    • ジャーナリスト青木冨貴子により、石井本人が1945年に書いた大学ノート二冊に及ぶ「終戦メモ」が発見される。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ただし、素焼陶器の濾過器では尿素分子を濾過することは出来ない。
  2. ^ ウィルスは不可であるが、チフスコレラなどの細菌は濾過可能である。
  3. ^ 東京朝日新聞 1940年5月23日
  4. ^ 林茂夫「七三一部隊」『日本大百科全書』17
  5. ^ 朝日新聞 2007年6月12日
  6. ^ 「関東軍命令の件」国立公文書館アジア歴史資料センター[1][2]
  7. ^ 扶桑社 『太平洋戦争人物列伝』